去日本,上日本邦

日本牛郎教你初次见面的交谈技巧

ホストが実践している「初対面の人と自然体で話す方法」を聞いてきた
牛郎亲测“自然地与初次见面的人交流的技巧”经验谈
メールやLINEではコミュニケーションをとれるけど、面と向かってのコミュニケーションは苦手という人は多いです。趣味や音楽など当たり障りのないネタから会話を始めようとしても気づけば一問一答形式…これでは一向に相手の壁を取り払うことはできませんね。そこで今回は歌舞伎町のベテランホスト・佑哉さんに初対面の人と自然に会話をするコツについて教えてもらいました。恋愛や婚活はもちろん、普段の生活にも役立つアドバイスが満載です。
很多人虽然在邮件或者LINE中可以很正常地与人交流,但是面对面交谈却相当困难。就连从兴趣爱好、音乐等等看似没有障碍的事物为切入点进行交流也经常会变成干巴巴的一问一答的形式…这样的话完全不能顺利攻破对方心中的防线。因此,今天就让歌舞伎町的资深牛郎——佑哉来告诉我们和初次见面的人对话时的技巧。恋爱和相亲自不必说,在平时生活中这些也是非常实用的建议。

《日本牛郎教你初次见面的交谈技巧》

初対面の相手との会話が苦手という人は結構多いものです。その相手が異性であればなおのこと。
很多人不擅长跟初次见面的人交谈。如果对方是异性的话更是不知所措了。
合コン、パーティー、友達の紹介、イベント…。「イイな」と思う人と出会っても、何を話していいのかわからず空回りして、結局今日も収穫ゼロ…なんて経験はありませんか?
聚餐、派对、朋友介绍、庆典…即使跟感觉合拍的人见面了,然而并不知道该说些什么也是徒劳,最终无功而返…这样的经历相信很多人都曾有过吧?
とはいえ「人見知りだから」「口下手だから」などと言い訳していては、チャンスの女神は逃げていってしまいます。せっかくのチャンスはしっかり掴んで、あわよくば次回につなげていきたいですよね。
借口说自己“怕生”、“不会说话”的人只能是跟机会女神擦肩而过了。好好把握住来之不易的机会,如果表现好的话对方还会想要跟你有后续的发展。
会話する前にしておくべきこと
进行对话之前要做的事

《日本牛郎教你初次见面的交谈技巧》

自分の名前を覚えてもらう
让对方记住自己的名字
佑哉さん曰く、イベントや飲み会など一度にたくさんの人と会話をする場では、相手に自分の名前と顔を認識してもらうことでやっとスタートラインに立つことができるのだとか。
佑哉说,在庆典或者酒会上跟很多从来没有见过面的人进行对话的情况下,让对方认识自己的名字和容貌是必须要迈出的第一步。
「服装とかもこだわらないし自己アピールなんかもあまりしないんですけど、名前だけは会話の中でも繰り返し相手に伝えて、意識付けしてますね」
“不拘泥于服装,也没有主动表现自己,但是要注意在对话中反复向对方提醒自己的名字,让对方意识到。”
名前を繰り返し刷り込む以外にも、自分の特徴などとセットで相手に伝えるのも一つの方法。人間は複数のことを結び付けた方がより深く記憶にとどめることができるんだそうです。
除了反复刷自己名字的存在感之外,顺便向对方传达自己的特点也是方法之一。人总是习惯把一连串事物绑定在一起记忆,这样印象会更加深刻。
相手のことをじっくり観察
认真观察对方
初対面の相手と何を話したらよいのかわからないのは、相手の情報を何も知らないから。まずは会話をする前に相手をよく観察して、相手の服装や持ち物、雰囲気などから会話のきっかけになるような情報を入手しましょう。
不知道跟初次见面的人说些什么是因为完全没有掌握关于对方的信息。在进行对话之前先要认真观察对方,对方的服装、手上拿着的东西、心情等等,这些能够作为谈话契机的情报都可以为自己所用。
ポイントは、相手に興味をもつこと。そうすると、この人はどういう人なんだろう、どんなことが好きなんだろう、と自然と相手を知ろうとするので、些細なことでも気づくようになるようです。
要点是要对对方表现出兴趣。这么做的话,就可以自然而然发现这个人是怎样一个人、喜欢什么样的东西,连细微的地方都能够觉察到。
初対面の相手と会話をするための心得3つ
与初次见面的人交谈时要注意的三点
1.会話のペースは相手に合わせるべし!
1.与对方保持平衡的对话节奏
たとえ同じ内容の会話でも、ペースが合うか合わないかでだいぶ印象が変わるもの。まずは相手の話を聞きながら、会話のペースを探っていきましょう。
即使是同一个内容的对话,节奏合不合拍也会给人完全不同的印象。首先要一边听对方说话,一边摸索对话的节奏。
「基本的には相手が話すのをきいて、話し終わった頃にこちらから話しかけるといったような感じですね。そのときに話すスピードも相手に合わせて変えていくのがポイントです」
“最基本的是要听对方说了什么,在对方的说话结束之时自己这边可以接上对方的梗。这种时候要注意自己的语速也要尽量与对方保持一致”
話し好きな人だったら、まずは聞き役に徹する。おっとり喋る人だった場合には、こちらも話すスピードを落とす。といったように、会話のペースを相手に合わせるのがスムーズな会話の第一歩です。
如果对方是话多的人,那么首先要做的就是好好倾听。如果对方有条不紊地讲话,自己这边也要放慢语速。像这样使自己与对方的谈话节奏合拍是让接下来的对话进展更顺利的第一步。
2.相手の顔色は常にチェックすべし!
2.时常观察对方的脸色
話しているうちに自分ばかり楽しくなってしまい、気づいたときにはジャイアンリサイタル状態…これはよろしくない。きちんと相手も楽しめているか、愛想笑いになってないか、など常に相手の顔色をチェックする癖をつけましょう。
如果在交谈中只顾自己开心,等到发觉的时候已经是很尴尬的状态了…这样非常不好。要好好观察对方是不是也很愉快、是不是露出真实笑容等等,要养成时常确认对方的脸色的习惯。
会話することばかりに集中するのではなく、相手の様子や空気を感じられる余裕を持つことが大切です。
不要只关注对话本身,抽空观察对方的样子和情绪也是非常重要的。
3.相手の情報は全部頭の中にストックしておくべし!
3.把关于对方的信息都储存在脑海中!
これはどちらかというと、その後の関係性を作っていくために大切なことなのですが、相手の誕生日・趣味・好きな食べ物といった基本情報や、旅行に行く予定など、会話の中に出てきた相手に関するキーワードは全て頭の中にストックしておきます。
这点对于以后两个人建立联系是十分重要的条件。比如对方的生日、兴趣爱好、喜欢的事物等等基本信息,还有旅行的行程预定等等,把这些在对话中出现的与对方有关的关键词都储存在脑海中。
その日別れたあと連絡する際のネタになったり、「そういえば旅行行くって行ってたよね?どうだった?」など次の連絡をするためのきっかけになったりもしますので、些細なことでも拾えるものは全て拾っておくくらいの意識をもちましょう。
初次见面道别之后的第二次见面时,可以问对方“说起来之前你说过去旅行了是吧?感觉怎么样?”之类的问题,将之作为第二次谈话的契机,所以要注意尽量多收集一些细微的信息。
覚えておきたい会話のコツ
时刻要牢记的说话的技巧

《日本牛郎教你初次见面的交谈技巧》

連想ゲームで共通点をさがす
在头脑风暴中找到彼此之间的共同点
初対面の相手と何を話していいかわからない…そんなときは、まず学生時代の話など誰でも答えられる質問を投げかけるところからスタート。そして以下のような具合に、「これなら話せる!」という共通の話題にいきつくまでどんどん掘り下げていきます。
跟初次见面的人不知道要说什么…这种时候,首先可以从学生时代的回忆这种任何人都可以接上的问题开始切入。接下来慢慢挖掘出两个人想要共同深入交谈的话题,如下:

自分「中高ってなんか部活やってたの?」
自己“在中学、高中有参加过什么社团活动吗?”
相手「やってないねー。帰宅部だった」
对方“没有参加过。是回家派”
自分「じゃあ、家で料理とかしてた?」
自己“那么你在家里应该会自己做一些菜吧?”
相手「しないなー。今でもほとんど外食」
对方“我不做菜。到现在也基本都是叫外卖的”
自分「そうなんだ。俺も外食ばっかだよー。普段どんなお店に行くの?」
自己“这样啊。我也是都吃外卖的哦。平时一般去什么样的店?”
このとき気を付けたいのは、決して一問一答形式にはしないこと。相手の答えから連想ゲームのように会話をつなげていき、糸口を見つけるまで会話を途切れさせないことがポイントです。
这时候要注意的是千万不要陷入一问一答的模式。从对方的回答展开头脑风暴,要注意找到头绪之前不要结束对话。
常にいくつか手玉を用意しておく
时常要准备一些段子
会話を途切れさせないためには、自分のなかで会話の引き出しを常にたくさん用意しておくというのも有効です。
为了不冷场,从自己的大脑中搜刮出一些准备好的段子让对话得以继续也是有种有效的方法。
「まず、相手が好きなお笑い芸人がいたら教えてもらいます。そこからどんなタイプが好きなのかを判断して、他の芸人とかギャグをもってきたり、自分の会話の中にもその要素を入れられたらいいなとかは考えてますね」
“首先问对方有没有喜欢的搞笑艺人。以此判断对方喜欢什么样的类型,可以引入其他的艺人或者搞笑段子来充实自己的谈话”
この手玉は必ずしもお笑いである必要はありません。ある程度どんな人でもわかるようなジャンルのものを広く拾えるようにしておくとよいでしょう。
这里说的段子不一定要是搞笑段子。只要说一些某种程度上广为人知的类型就可以了。
会話に集中し過ぎてはダメ!?7:3の法則
在对话中不可以过分集中!?要遵守7:3法则
「実は、会話自体にはあまり集中していないかもしれないです」と佑哉さん。あまり聞こえがよくないようにも思えますが、一体どういうことなんでしょうか。
佑哉说“实际上,在谈话中不应该过分集中”。听上去似乎不是很妙,到底是怎么一回事呢。
「この話がでてきたら次はこの話かなっていう流れを常にシミュレーションしながら会話をしています。要所要所、重要なところは聞きつつ、「考える7:聞く3」くらいの割合で次の一手を考えているような感じですね」
“说话时要一边思考下一步该怎么说。一边听一边想,‘思考7:听3’,大概要以这样的比例来思考接下来要抛出什么样的话题”
なるほど。次の一手、さらに次の一手を考えながら会話をするためにも、自分の中に引き出しをたくさん用意しておくことが必要なのですね。
原来如此。为了一边思考接下来的话题甚至是再接下来的话题一边进行对话,要自己准备一些有营养的谈话内容。
沈黙ができたときの対処法
冷场时的处理办法
初対面の相手との会話の中で一番の敵は…そう沈黙。何とも言えない気まずい空気を抜け出したいけど、話題が見つからない!そんなときには、相手の服装や身につけているもの・目の前に見えるものなど、その場で一緒に共有できるものを話題にしてみましょう。
与初次见面的人谈话时最烦恼的事情无非就是冷场。无法从不知道要说什么的尴尬氛围中解脱出来,而且找不到话题!这种时候,就把对方的服装、身上的配饰等眼前能看到的东西、在这个空间里共同存在的东西作为话题吧。
初めに相手を観察して情報を得ておくと、こういったときの助け舟にもなるのです。
第一次见面的时候有好好观察对方并收集信息的话,这种时候就能派上用场了。
「他には…お酒が飲める子だったら、とりあえず飲もうかって言っちゃいます。一旦落ち着いて、飲み終わった後に仕切り直すのも一つの手ですね」
“另外…酒是很好的道具,不管怎样先提议喝酒。喝完酒冷静下来以后重新展开攻势也不失为一种好的办法”
最大のポイントはリラックスして自分も楽しむこと
最重要的一点是自己要放轻松并乐在其中
「あまり器用じゃないからっていうのもあるんですけど、やっぱりこっちが身構えたり意識したりすると相手にも伝わってしまうので。基本的には自分自身が相手との会話を楽しむことだ大事なのかなと思います」
“也许有人会说自己不够聪明,但是自己的状态和意识也会传递给对方。所以基本要做到享受自己和对方的对话,这是至关重要的一点”
こちらが緊張すると、相手に伝わります。自分が気まずいと思ったときには、相手も気まずいと思っているはず。
自己表现出紧张的话,对方也会感觉到。自己感觉不舒服的话,对方也不会觉得舒服。
つまり裏を返せば、まずは自分が肩の力を抜いてオープンマインドでリラックスしながら、その場のノリを楽しむことが、相手と打ち解ける一番のコツということなのかもしれませんね。
总之,自己要打起精神来放轻松,在初次见面的场合里能够享受双方的节奏是与对方达成共识深入交谈的最重要的技巧。
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。