去日本,上日本邦

幸福感:甜甜圈在日本受宠的奥秘

街中を歩けば、次々と出会うスイーツたち。コンビニやスイーツ専門店、パン屋、スーパーマーケット、デパ地下…。そんな中、ドーナツはよく見かけるスイーツの一つだ。しかし、なぜか他のスイーツとはちょっと別格の印象がある。最近では、コンビニ各社がドーナツ販売に手を広げたのも記憶に新しい。そこで、いつの時代も廃れないドーナツについて、その人気の理由を専門家の意見と共に探ってみたい。
在大街上走着走着就能接二连三看到甜品。便利店、甜品专卖店、面包店、超市、地下商场食品柜台……其中,甜甜圈是最常见的一款甜品。但是不知为什么给人的印象和其他甜品稍微有些差别。近来,各大便利店把业务拓展到出售甜甜圈的事也让人记忆犹新。因此,关于什么时代都少不了的甜甜圈,它人气如此强劲的理由是什么,我们在询问了专家意见的基础上一起来探讨一下。

《幸福感:甜甜圈在日本受宠的奥秘》

■ドーナツはいつになっても廃れない不思議なスイーツ
■甜甜圈不管什么时候都是不可或缺的神奇甜品
セブン-イレブンにローソン、ファミリーマートと、3大コンビニチェーンがこぞってドーナツの店頭販売に着手したのは2014年のこと。ドーナツ戦線が繰り広げられたのも記憶に新しく、今でもその人気は健在のようだ。
7-11、罗森、全家3大便利连锁店2014年全都开始了甜甜圈在店面的售卖。甜甜圈战线的延伸让人记忆犹新,而现在甜甜圈在便利店也依然十分有人气。
その見た目は、各社とも、どことなく「ミスタードーナツ」に似ていなくもない。定番の“オールドファッション”や“もちもちドーナツ”などには、初めて買うのに「いつも食べてるアレ」という、親しみを感じさせるほどだ。
从外观上来看,总觉得各个公司(出售的甜甜圈)都很像“美仕唐纳滋”(日本甜甜圈当仁不让的第一品牌)。招牌的“经典款”“糯糯的甜甜圈”等,即使是第一次购买也让人有“一直在吃的”亲近感。
またコンビニだけでなく、ヘルシー志向のドーナツの専門店もぞくぞく登場している。豆腐やおからを利用したドーナツなどが、いつものドーナツとは異なる、いってみれば「特別なドーナツ」としての存在を放っている。
而且,并不仅仅是便利店,以健康为卖点的甜甜圈专卖店也陆续开出。使用豆腐或豆腐渣做成的甜甜圈和平时吃的甜甜圈很不一样,一吃就觉得这是“特别的甜甜圈”,存在感十足。
ミスドは何故選ばれる?
为什么选中了美仕唐纳滋?

《幸福感:甜甜圈在日本受宠的奥秘》

2015年9月にマイボイスコムによって行われた調査「ファストフードの利用(第7回)」では、「直近1年以内に利用したファストフード店」のランキングのうち、マクドナルドがトップで65.8%、第2位がミスタードーナツで50.2%、ケンタッキーフライドチキンが44.4%という結果が出ていた。この上位3位は2011年、2013年に行われた同調査と変わらない。マクドナルドの優勢は分かる気がするものの、ミスドがこれほど利用率が高かったとは驚きだ。さりげなく人々のニーズを満たしているのである。
根据2015年9月my voice comu所作的调查“第七次快餐使用”调查结果显示,“近1年内光顾的快餐店”排行中,麦当劳是第一位、占65.8%,第二位是美仕唐纳滋、占50.2%,肯德基占44.4%。这前3位和2011年、2013年所作的调查结果相比并没有很大变化。麦当劳的优势是理所当然,但美仕唐纳滋竟然有这么高的光顾率着实让人惊讶。它默默满足了大家的需求。
そんなミスドは、2014年6月に「ミスタークロワッサンドーナツ」に関する調査を行った。もともとニューヨークでブームを博した、クロワッサン生地を持つ特殊なドーナツである。通常のドーナツよりもサクサクとした新食感に、多くの女性たちの人気を集めたようだ。
美仕唐纳滋在2014年6月进行了“美仕牛角甜甜圈”的相关调查。(这款甜甜圈)本来在纽约就已经形成了一股热潮,它是牛角面包材质的特制甜甜圈。和平常的甜甜圈相比,更松脆的新口感受到众多女性的欢迎。
注目したいのは、“この商品はどんな時に食べたいかと思うか”の回答として「自分へのご褒美が欲しい時」と「ちょっとした幸せを感じたい時」が48%にも上ったことだ。この結果から、ドーナツはどうやら食べたときの「幸せ感」が大きく、それが多くの人々に求められていることが分かる。
值得关注的是,在“这一食物在什么情况下想吃”提问的回答中,“想要给自己奖励的时候”和“想要体会一下幸福滋味的时候”占48%,是第1位。从这个结果来看能明确一点,吃甜甜圈的时候会“幸福感”大增,这也是大多数人所追求的。

《幸福感:甜甜圈在日本受宠的奥秘》

■菓子専門家に聞く、ドーナツ人気の秘密とは?
咨询点心专家,甜甜圈人气的秘密是?
そんなドーナツ人気の手がかりはつかめたものの、その人気の秘密はもっと深いところにあるに違いない。そこで、菓子の専門家・スイーツコンシェルジュの千助さんに、ドーナツの魅力を聞いてみた。
虽然抓住了甜甜圈有人气的一点头绪,但其秘密一定在更深层。因此向点心专家·甜品品鉴者千助询问了甜甜圈的魅力。
「ドーナツの価格帯は100円~200円台がほとんど。生ケーキと比べるとお手頃価格な上、常温保存でき、型崩れしにくくて軽いので、持ち運びしやすいところも魅力の一つです。昔はドーナツといえば、家庭で作るかミスタードーナツで購入するのが定番で、“子どものおやつ”という印象がありましたが、2006年にクリスピー・クリーム・ドーナツが日本に初上陸して以来、“大人のスイーツ”に仲間入りしたように思います。専門店が増えていく中で、焼いたり、米粉や大豆粉を使ったりしたヘルシー商品や、動物などをモチーフにしたかわいい見た目の商品も増えました。シンプルながらも豊富なバリエーションを楽しめるようになったことが、今のドーナツ人気を支えていると思います」
“甜甜圈的价格差不多在100日元~200日元左右。和蛋糕相比价格适中,而且常温下能够保存,也不容易破坏形状,比较轻,方便带走,这些都是魅力点。以前说到甜甜圈,要不是在家里做,要不是在美式唐纳滋购买,也有‘孩子的零嘴’这一印象,但是自从2006年酥脆奶油甜甜圈首次登陆日本之后,(甜甜圈)也被列入‘大人的甜品’这一范畴。专卖店与日俱增的同时,或是烤或是使用米粉、大豆粉作成的健康食品或是把形状作成动物等可爱模样的商品也在增加。简单方便的同时可以享受各种变化,这应该是如今甜甜圈人气的主要理由。”

《幸福感:甜甜圈在日本受宠的奥秘》

もともと、ドーナツには食べやすく、親しまれやすい条件が備わっていた。さらに見た目や食べ方の工夫が、いつの時代も人々に新鮮味を与え続けている。いつまでもドーナツブームが廃れない大きな理由は、これらにあったようだ。
本来甜甜圈具备了易吃、易产生亲近感的条件。再加上在外观和吃法上下的工夫,无论什么时代都能给予人们新鲜的口感。这是无论何时都少不了甜甜圈的重要理由。
そして、そんな見た目も味も楽しいドーナツを目にすると、思わず“ハッピー”になるという不思議な力があるのも忘れてはならない。単純に見えて、ドーナツは実に奥が深いものである。
还有,看见了外形很棒味道也很棒的甜甜圈的话,情不自禁觉得“快乐”的这股不可思议的力量也不容忽视。看似简单的甜甜圈其实十分深奥。
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。