去日本,上日本邦

巧选背景音乐:哪些曲子使人精神集中

集中力を高めるには、背景音乐はものによっては有益。背景音乐は周囲の雑音を気にならなくするため、雑念を追い払うために役立つ。
选择对的背景音乐对于提高集中力十分有益。由于背景音乐能够分散我们对周围杂音的注意力,所以在摒除杂念能够起到作用。

《巧选背景音乐:哪些曲子使人精神集中》

「作業」してる時はイイかも。
机械劳动的时候放些背景音乐可能很有效。
暗記系には音楽はかなり不向き。
但在背诵东西时,非常不适合听音乐。
まず、音量は「中くらい」が向いてるらしい。
首先,音量“适中”比较合适。
イリノイ大学の研究によれば、創造的な思考には中くらいの音量が向いているということ。
根据伊利诺州大学的研究,对于创造性的思考,中度音量的音乐最合适。
あまりに大音量で聴いてしまうと、情報を処理するという脳の働きがうまくいかなくなってしまうとか。
如果用太大音量来听音乐的话,就会导致处理情报的大脑无法顺利运作等情况。
ジャンルで言うなら、おすすめはジャズやクラシックなど歌詞のついていない落ち着いた曲。特にモーツァルトの曲には、集中力を引き出す効果が高いと評判。
说到音乐体裁,推荐的是爵士或古典音乐,没有歌词令人平静的乐曲。特别是莫扎特的曲子,在引导集中力的效果上有着很高的评价。
研究によれば、文字や数字への認識能力は、ロックやクラッシックがかかっていると、音楽がかかっていない場合より、より速くなる。
根据研究,我们对于文字、数字的认知能力,与摇滚、古典乐相关,比起没有音乐的情况下,认知能力要快很多。
あまりに激しい音楽は勉強をするとき疲れやすくなり、長時間の勉強維持が難しくなる。
如果听过于激烈的音乐容易在学习的时候感到疲惫,维持长时间的学习状态也变得十分困难。
音楽の要素の中に集中できる特徴はある。「音量の変化が少ない」とか「音域が広すぎない」とか「テンポが変化が少な
い」という特性。
在音乐的要素中有能够使人集中的音乐特性,有“音量变化很小”、“音域不那么宽广”、“很少有节拍上的变化”。
映画の曲とかもアリ
听电影的歌曲也是可以的。

《巧选背景音乐:哪些曲子使人精神集中》

歌詞は無いほうが良い…?
没有歌词的乐曲会更好?
背景音乐に歌詞の入った音楽をかけていると、脳は「目の前の勉強も処理だけではなく、音楽の歌詞も処理しなきゃ」と働いてしまう。
在播放有歌词的音乐时,脑中会有这样的活动“现在不仅仅要去处理眼前的学习内容,还需要处理歌词。”
一説によると歌詞のある曲は理解しようとして集中力を奪われると言うが「歌詞がある曲はダメ」というのはどうも信憑性に欠ける。
仅仅根据一种说法就断定听有歌词的曲子时会被剥夺集中力,“带歌词的曲子不能听”,实在是缺乏可靠性。
こんな意見もあるのです。
也有这样的意见。
聞く人によって、その音楽について思うことは違う。
我认为根据听音乐的人不同,关于音乐的想法也会不一样。
音楽をかけてより集中できる環境を整えることはできますが、誰でも集中できる魔法の音楽というのはない。
如其说重点在于播放什么音乐,不如说能否营造出一个可以令人集中精神的环境更关键,毕竟并不存在一种令任何人都能集中注意力的魔法般的音乐。
音楽は記憶との結びつきがとても強いという特性がある。子どもの頃を思い出す音楽、昔の恋人を思い出す音楽など、人それぞれ。
音乐与记忆相关联很强是音乐的一个特性。饱含小时候记忆的音乐、饱含关于以前恋人记忆的音乐等,人各有不同。
重要なのは、聞いた回数。
重要的是,听歌曲的次数。
慣れた音だと集中しやすい。
对于习惯的音乐更加易于集中。
動物の脳というのは馴染みのない情報に対しては敏感。その情報が生命を脅かすか判断するため脳がそちらに働く。
动物的脑对不习惯的情报普遍比较敏感。大脑为了判断这个情报是否会对生命造成威胁而开始运转。
あってもなくても同じ状態というのは無意識に処理している状態という事なので、他の事をやっても集中できる。
听熟悉的音乐,大脑会无意识地将有音乐和没有音乐当做相同的状态进行处理,所以就算做其他的事情也能集中。
環境から余計な情報を排除すること、勉強しようと思うなら、勉強以外の情報が自分に感じられないようにすることが大切。
如果抱着排除环境中其他多余的情报好好学习的想法的话,学习之外的情报自己就会渐渐感受不到,这点很重要。
点赞

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。