去日本,上日本邦

为何人们对小动物的软毛爱不释手?

《为何人们对小动物的软毛爱不释手?》

動物に接するとき、やわらかい毛の生えた犬、猫、うさぎなどの「もふもふ」とした感触が好きという人は多いのではないか。
与动物接触的人大多爱极了全身软毛的小狗,小猫和兔子。
そこで実際に、皆は動物の毛の感触についてどう思っているのか、「goo」で聞いて見たところ、こんな声が寄せられた。
那么实际上大家对于动物毛皮的触感是抱着怎样一种心态呢?在“goo”上发帖询问之后有了以下回答。
ぬいぐるみとは違った癒し
感觉与触摸毛绒玩具完全不同
「説明できませんが、ぬいぐるみとは違った癒しがあります」(まるX2さん)、「癒やされます♪心理学でも、動物を撫でるなどの行為がストレスを 軽減させる効果があると聞いたことある(以下略)…」(みよさん)、など、その癒し効果を実感しているという回答が多く見られた。ただ 中には、「癒されたいんですがね。アレルギーがあるので近寄ればくしゃみが止まらず、かえってストレスになりそう」という残念な人もいた。
一位网名“丸子×2”的网友说:“无法用语言形容,触感与毛绒玩具完全不同。”,网名“美优”的网友说:“被治愈了呢,听说爱抚动物这种行为可以减轻压力,这在心理学上也是成立的(以下略)……”,这种能够切身感到被治愈的人占了大多数。
但是也有人说“虽然想要被治愈,可惜因为过敏一旦接触动物就会不停地打喷嚏,反而加剧了压力的产生,令人遗憾。”
もふもふ感は郷愁を誘う
毛茸茸的感觉勾起了乡愁
では、この現象を専門家はどう見ているのか。心理学者の内藤誼人先生にお話を伺ってみた。「人は“郷愁を感じさせるものに惹かれる”という心理が あります。もふもふしたもの、ふわふわしたものは、おそらく赤ちゃんだった頃の幼児記憶にある、母親に抱かれていたことを思い出させてくれるのでしょう」 つまり、小さな子供が「母親代り」として、お気に入りの毛布を手放せなくなるのと似ていて、もふもふしたものというのは、愛着を感じやすいのだという。
那么,这种现象专家们怎么看呢?我们访问了心理学者内藤谊人先生。他说:“人会有被某种东西感染后引起乡愁的心理活动。毛茸茸软乎乎的东西会勾起人们婴儿时期的记忆,使人们回忆起在母亲怀抱里的感受。” 也就是说,小孩子像黏着母亲一般对喜欢的毛毯不撒手,毛茸茸的东西也容易让人爱不释手。
おっぱい、どろどろした食べ物も!?
母乳,粘糊糊的食物也是……!?
また、男性の多くが好きな「おっぱい」の感触についても同様なことが言えるそうだ。「おっぱいは“もふもふ”でなく、“むにゅむにゅ”か“ふわふわ”でしょうが、やはり多くの男性が好きなのは、やはり至福の時期だった幼児記憶のせいだと思われます」と内藤先生。
そ して何と、幼児記憶を利用した食べ物もあるのだと言う。「どろどろした食べ物が人気なのは、やはり幼児記憶にある、“離乳食”のようなものを連想させるか らです。「もふもふ」から「どろどろ」まで、幼児記憶によって愛着が生じるとは!! もしかして、なにげない日頃の行動にも、あなたの幼 児記憶が関わっているかも知れない。
据说,这与大多数男性喜欢乳房的触感有异曲同工之处。内藤先生说道:“乳房并不是毛茸茸的,但不管是弹性感还是柔软度,喜欢乳房被认为来自幸福的幼儿记忆。” 另外利用幼儿时期记忆的食物也存在。黏糊状的食物受欢迎,果然还是因为幼儿时的记忆,使人连想到了“断乳食物”。从“毛茸茸”到“粘糊糊”,对幼儿时期的留恋丛生,你幼儿时期的记忆也许与无意之中的行动息息相关。
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。