去日本,上日本邦

中国人到日本:目瞪口呆的10件事

《中国人到日本:目瞪口呆的10件事》
東京に長年住んでいる中国人なら、家を出て5分もしない所にコンビニがあり、10分も歩けば電車や地下鉄の駅があり、歯医者や皮膚科医院も至る所にある…という生活に慣れてしまっているだろう。そのような生活を送ってきた中国人が、中国に帰国すると、「不便」と感じることも多い。もしかすると、日本の生活はあまりにも便利すぎるのかもしれない。
常年住在东京的中国人大概已经习惯了以下这些:出门不到5分钟的地方就有便利店、走10分钟左右就有电车站或地铁站、牙医诊所和皮肤科医院随处可见。过着这种生活的中国人回国的话,可能在很多方面会感到“不方便”。也许是日本的生活实在太方便了。
1.カバンはチャック全開でいつでも足元に
1.背包拉链不拉上,一直放在脚边
東京に来ると、ほとんどの女性がカバンのチャックを半開、もしくは全開にしており、きちんとチャックを閉めている人はほとんどいない。日本は世界でも治安の良さが知られ、日本人は警戒心が非常に低いのだ。そのため、日本人が治安の悪い国に行けば盗難に遭いやすく損失も大きい。
来东京的话,会看见大部分的女生是把包包拉链拉的半开或者全开,基本没人是严严实实拉好的。日本的良好治安在世界上广为人知,日本人的警戒心十分低。因此,如果日本人去治安不好的国家很容易被偷被盗,造成严重损失。

《中国人到日本:目瞪口呆的10件事》
2.夜に無灯火で自転車に乗っていると警察に止められる
2.夜间骑自行车如果没有亮灯的话会被警察阻止
日本では夜間に自転車に乗る時、ライトを付けなければならず、無灯火で乗っていると警察から警告を受けるか罰金に処せられる可能性さえある。
在日本,夜间骑自行车必须亮灯。无亮灯骑车行为会被警察警告,甚至可能被罚款。
《中国人到日本:目瞪口呆的10件事》
3.映画のチケットの値段は全国統一
3.电影票的票价全国统一
日本の映画のチケットの値段は全国統一。学生1200円、大人1800円だ。日本人の平均收入と比べると、合理的な値段で、日本人が映画を見るか見ないかで、懐を気にすることはあまりない。
日本的电影票价格全国统一。学生1200日元、成人1800日元。和日本人的平均收入相比的话,是比较合理的价位,所以日本人看不看电影和有没有钱没有关系。
《中国人到日本:目瞪口呆的10件事》
4.タバコを吸う女性が多い
4.抽烟的女性比较多
日本ではタバコを吸う女性が多く、女性向けに作られたかわいいパッケージのタバコも売られている。日本の女性はストレスが大きく、タバコでストレス解消しているのだろう。
在日本,抽烟的女生比较多,因此会出售以女生为消费群体的可爱烟盒香烟。日本女生压力很大,抽烟是为了解压吧。
《中国人到日本:目瞪口呆的10件事》
5.歯医者がやさしい
5.牙医很温柔
日本の歯医者はとてもやさしく、病院では心落ち着く音楽が流され、ライトの光もやわらか。治療の時は、治療器具を見て怖くなることがないよう、患者の目をタオルなどで覆ってくれる。そして、各過程をていねいに説明し、「大丈夫ですよ」と、子供のように慰めてくれる。
日本的牙医很温柔,医院里会播放让人平静的歌曲,灯光也是很柔和的。治疗的时候,为了防止患者看见治疗器具感到恐慌,会在他们眼上盖一条毛巾。然后牙医会很仔细的说明每个过程,并且会和患者说“没事的(不要怕)”这样像哄孩子一样安慰他们。
《中国人到日本:目瞪口呆的10件事》
6.ファーストフード店で客は自分でテーブルを片づける
6.速食店里客人自己收拾餐桌
日本のマクドナルドやケンタッキーなどのファーストフード店、一部のコーヒー屋さんなどでは、客はテーブルの上を自分で片付けてから店を出る。もちろん、横を通った店員が手伝ってくれることもある。それでも、食べカスをテーブルの上に残したまま店を出る人はいない。
日本的麦当劳、肯德基等速食店以及一部分的咖啡店里,客人要自己收拾餐桌后再离开。当然有时也会让路过的店员帮忙收拾。即使如此,把吃后的垃圾留在餐桌上就离开的人是绝对没有的。
《中国人到日本:目瞪口呆的10件事》
7.どんな書類でもきちんと製作
7.无论什么书面文件都会很用心的制作
企画案の書類であっても、他の企業やメディアへの説明文であっても、日本人は書類をきちんと用意する。書類の準備が得意であってもなくても、必ずきちんとしていて、分かりやすく、統一感がなければならない。
无论是企划案的文件,还是向其他企业或媒体说明的文字,日本人都会很用心的准备。不管是否擅长准备书面文件,但是这些文件一定都是很认真的制作,并且简单明了、很有统一性。
《中国人到日本:目瞪口呆的10件事》
8.名刺は企業の「顔」
8.名片是企业的“脸”
日本の企業にとって、名刺は会社の「顔」。従業員自身だけでなく、会社のイメージをも代表している。会社に入社し、まず受ける研修で、通常名刺の交換の仕方を教えられる。また、仕事用の名刺入れも用意しなければならない。
对于日本企业来说,名片是公司的“脸面”。并不仅仅是代表职员自己,也代表公司的形象。进入公司后,首先接受的研修中一般会教授交换名片的方式。而且必需要准备工作用的名片夹。
《中国人到日本:目瞪口呆的10件事》
9.クライアントに会う時は必ずスーツ
9.会见客户时一定要穿西装
日本のビジネスパーソン、特に男性は仕事の時、スーツを着なければならないことは、多くの人が日本ドラマを通して知っているだろう。それは、非常に寒い冬や非常に暑い夏でも変わらず、その精神には尊敬させられる。
日本的商务人士,尤其是男性在工作的时候一定要穿西装。这一点很多人在日本电视剧中都有看到过。不管在寒冷的冬天还是炎热的夏天,都不会改变,这种精神值得尊敬。
《中国人到日本:目瞪口呆的10件事》
10.何かあればまず謝る
10.发生了什么首先道歉
良いか悪いかは別にして、日本で身に付く習慣の1つに「まず謝る」がある。生活上だけでなく、仕事中に「謝る」という行為に筆者はあまり賛成できない。自分の間違いであればもちろん謝らなければならないが、そうでなければ、自分に落ち度があるかのように謝る必要はない気がする。それでも、日本では、「謝る」というのが一種の礼儀となっており、相手に敬意を示す方法となっている。まず謝ると、誠意が相手に伝わる。そのため、納得できないとしても、我慢することを覚え、「謝る」習慣を身に付ける必要がある。
先不管好还是不好,在日本养成的习惯之一就是“先道歉”。不仅仅是生活上,在工作中也要“道歉”的行为笔者是不太赞同的。自己犯错了当然要道歉,如果不是的话,硬要背锅去道歉这种事没有必要的。但是,在日本“道歉”是一种礼仪,是对对方尊敬的一种表达方式,先道歉能表示诚意。因此,即使不接受也要忍耐,“道歉”这一习惯还是要养成的。
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。