去日本,上日本邦

日本北海道小樽之“你好吗我很好”

小樽は北海道の小さな海辺の町で、静かで素朴な土地に一本の運河が流れている。はるか昔、小樽は小さな港で、運河の両岸にはたくさんの倉庫が並んでいた。その頃の小樽は今ほど有名ではなく、毎日海に向かい、黙々と貨物船の積み下ろしと倉庫の出し入れが行われる、働き者で純朴で、他と競いあうこともない静かな町だった。
小樽是一个属于北海道的小镇,坐落在海边,有一条运河穿过它宁静质朴的脸庞。从很久以前,小樽就一直被作为一个小小的港口,沿着运河,两岸有许多并立的仓库。以前的小樽并不像如今为人所知,它每天面朝大海,沉默重复着货船的装卸、仓库的入取,勤恳单纯,与世无争。
現在の小樽も貨物の集散地としての働きは持っているが、それよりも、次第に若いアーティストたちが集まる場所になりつつある。西洋風の街灯が立つ運河の岸辺の長い遊歩道のあちこちに、イーゼルを立て、様々な色の絵の具の入った絵具箱や大きな布製バッグを脇に置いて絵を描く人や、ポケットがいっぱいついた大きなウインドブレーカーを着て、三脚に望遠レンズのカメラを取り付けたカメラマンが、世間のことなど忘れたような表情で、気に入った完璧な光線が現れる瞬間を待っている姿が見られる。あるいは工芸品製作をする人々がワイヤを使って精巧なアクセサリーを作っていたり、マーカーで絵葉書を製作していたり、可愛い図案の消しゴム製のはんこを彫っていたりする。カモメが飛来し、白いおなかを突きだして街灯や岸辺の欄干に止まる。常連の芸術家たちは見なれているので、周囲をカモメが行き来するのに任せているが、旅行で来ている人たちは珍しく感じるのか、カモメを囲んでシャッターをさかんに切っている。活気のある小樽は、擦り切れた服を着て陽光の中をかけまわる少年のように、体裁など気にしないような活力や熱気と、都市の喧騒とは縁のない純真な瞳とを持っている。
如今的小樽依然担任着货港集散的工作,然而比起这,它渐渐更像一个年轻的艺术家的聚集地。立着洋式路灯的运河岸边长长的河滨步道上,随处可见支着画架的绘师,身边放着沾满了颜料色块的画具箱和大布包;或是穿着浑身口袋的宽大风衣、三脚架上支着长枪炮筒的摄影师,一脸游离世外的神色,等待着心中完美光线出现的那个瞬间。还有一些手艺人,用金属丝编制精致的小挂饰的,用马克笔现场绘制明信片的,雕刻图样可爱的橡皮图章的。海鸥飞来了,挺着白白的肚子,站在路灯或是岸边的栏杆上。常驻的艺术家们看多了,任由它们在身边走来走去;旅行前来的游客们一脸惊奇,围着海鸥咔嚓咔嚓不停拍照。气息灵动的小樽,像一个穿着有些磨损的宽大衣裤的阳光少年,有着不修边幅的活力和热意,和远离繁华喧嚣的纯净眼神。
《日本北海道小樽之“你好吗我很好”》
小樽が小さな貨物港から次第に観光地へと発展していく過程で、その表情も次第に変わっていった。普通の民家が当地の特産品を売る店になった場合もあるし、からっぽのまま放置されている倉庫もある。運河沿いには、使われなくなった非常に大きくて古い倉庫があって、ある彫刻家がその室外の通路や屋上に数十個の銅製の彫像を並べた。それらには男も女もあって、表情は厳かである。その作品の意味を尋ねると、この倉庫の以前の労働者たちが高いところから小樽を見つめて、小樽が将来どこへ向かうのかを人々が考えるようにうながしているのだという。
随着小樽渐渐由小货港向旅游地发展的过程,它的面貌也在逐渐改变着。有些民居改造成了出售当地特产的小店,有些仓库开始闲置,每日只是空关着。运河边有一座高大的废弃老仓库,一个雕塑家在它的室外通路和楼顶上安放了数十具铜质的雕像,男女不一,神情肃穆。问其作品含义,答曰,意指这座仓库原先的员工们从高处注视着小樽,提醒人们思考小樽的未来将走向何处。
おそらく多くの人の小樽に対する最初のイメージは、岩井俊二の純愛映画「ラブレター」であろう。北国の深い雪と、藤井樹が叫ぶ「お元気ですか?私は元気です!」という言葉は、古典的なシーンとして人々の心に深く入り込んでいる。小樽の港ではるか遠くに続く水平線を眺めていると、すでに忘れたと思っていた姿もおぼろげな遠い人への思いが突然湧き起こってきて、その人に対して、そしてその頃の自分に対して言ってみたくなる。お元気ですか?私は元気です、と。
大概许多人对小樽的第一印象都来源于岩井俊二的纯爱电影《情书》。北国重重积雪中,藤井树大声喊道,“你好吗?我很好!”这个已然成为经典的镜头深入人心,以至于站在小樽的港口边看着遥远悠长的海平线,就会骤然涌起对远方某个以为已经遗忘了的模糊身影的思念,想要对那个人、以及曾经的那个自己说,你好吗?我很好。

《日本北海道小樽之“你好吗我很好”》《日本北海道小樽之“你好吗我很好”》

点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。