去日本,上日本邦

日本畅销作家们让人意外的老本行

《日本畅销作家们让人意外的老本行》
次々とベストセラーとなる作品を世の中に生み出していく人気作家たち。ほとんどの作家が、最初から本業として活動していたわけではありません。
人气作家们接连不断地为社会创作出畅销作品。而其实多数作家并非从一开始就以职业作家的身份进行创作。
今は、名前の知れた作家ですが、有名になる前には意外な職種を経験している場合も多いようです。皆さんも知っているあのベストセラー作家の前職に興味はありませんか?
如今已经成名的作家,在成名前很可能有从事意外职业的经历。大家是否也对畅销书作家的老本行有兴趣呢?
そこで今回は、意外な作家の前職について調査してみました。
那么这一次,我们对作家们那些令人意外的老本行进行了调查。
《日本畅销作家们让人意外的老本行》

第1名:东野圭吾

代表作:『容疑者Xの献身』『白夜行』など
代表作:《嫌疑人X的献身》、《白夜行》等
大阪府立大学工学部電気工学科を卒業後、日本電装株式会社にエンジニアとして入社。勤務するかたわら、推理小説を書き続けていた。「第31回江戸川乱歩賞」を受賞したことを機に、会社を退職している。
从大阪府立大学工学部电气工学科毕业后,进入日本电装公司从事工程师工作。他在工作之余,一直坚持创作推理小说。以获得“第31届江户川乱步奖”为契机,从公司辞职。
《日本畅销作家们让人意外的老本行》

第2名:村上春树

代表作:『ノルウェイの森』『1Q84』など
代表作:《挪威的森林》、《1Q84》等
早稲田大学在学中に、ジャズ喫茶「ピーター・キャット」を開店。妻とともに経営していた。
在早稻田大学读书期间,开了一家爵士咖啡店“彼得猫”。曾与妻子一同经营咖啡店。
《日本畅销作家们让人意外的老本行》

 

第3名:宫部美雪

代表作:『火車』『ソロモンの偽証』など
代表作:《火车》、《所罗门的伪证》等
法律事務所で和文タイプのタイピストをしていた。1987年の「オール讀物推理小説新人賞」を機に、法律事務所を退職している。
曾经是一家律师事务所的日文打字员。1987年,以获得“ALL读物推理小说新人奖”为契机,从律师事务所辞职。
《日本畅销作家们让人意外的老本行》

第4名:浅田次郎

代表作:『鉄道員(ぽっぽや)』『プリズンホテル』など
代表作:《铁道员》、《监狱饭店》等
憧れの存在だった三島由紀夫が三島事件を起こし、“世界中がまっしろになるような”大きな衝撃を受け、陸上自衛隊に入隊している。
三岛由纪夫曾经是他憧憬的对象,三岛破腹自杀事件后,受到“世界变成白茫茫一片”的巨大冲击,于是加入了陆上自卫队。
《日本畅销作家们让人意外的老本行》

第5名:渡边淳一

代表作:『雲の階段』『失楽園』など
代表作:《云之阶梯》、《失乐园》等
1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師となる。医業のかたわら北海道の同人誌に執筆を続けていた。
1964年任札幌医科大学助手、1966年升为医学部整形外科课堂讲师。在从事医疗工作之余,坚持撰写北海道的同人志。
《日本畅销作家们让人意外的老本行》

第6名:森村诚一

代表作:『高層の死角』『悪道』など
代表作:《高层的死角》、《恶道》等
高校卒業後に伯父の紹介で都内の自動車部品会社に勤める。その後大学生になる。1年留年ののち、25歳で青山学院大学を卒業。英語が得意だったことと、妻が新大阪ホテルの重役の姪だったこともあり、同ホテルに就職している。
高中毕业后,经由伯父介绍,就职于东京都内的自行车零件公司。后来成为大学生。留学1年后,25岁时从青山学院大学毕业。因为擅长英语,且妻子是新大阪饭店一位董事的侄女,于是就职于新大阪饭店。
《日本畅销作家们让人意外的老本行》

第7名:京极夏彦

代表作:『魍魎の匣』『死ねばいいのに』など
代表作:《魍魉之匣》、《不如去死》等
アートディレクターとして桑沢デザイン研究所を経て、広告代理店に勤務。その後独立してデザイン会社を設立している。
先在桑泽设计研究所任艺术总监,之后在广告代理店工作。后来创立了独立的设计公司。
《日本畅销作家们让人意外的老本行》

第8名:贵志祐介

代表作:『新世界より』『青の炎』など
代表作:《来自新世界》、《青之炎》等
大学卒業後、朝日生命保険に入社。当初は小説を書くのを断念していたが、数年後に意欲が芽生えて執筆を再開。
大学毕业后,进入朝日生命保险工作。最初曾一度想放弃写小说,但几年过后又萌生了写小说的念头。
《日本畅销作家们让人意外的老本行》

第9名:梁石日

代表作:『異邦人の夜』『血と骨』など
代表作:《异邦人之夜》、《血与骨》等
実父から300万円を借り印刷会社を経営するが失敗。上京後、新宿に寮のあるタクシー運転手の職に就いている。新宿のスナックで酒を飲んでいたところ、たまたま聞いていた出版編集者に執筆を勧められて書いた『狂躁曲』で作家デビューした。
从亲生父亲那里借了300万日元经营印刷公司,以失败告终。赴东京后,一直当在新宿包住的出租车司机。一次在新宿的居酒屋喝酒,偶然听取了一位出版编辑的撰稿劝告,通过写《狂躁曲》出道为作家。
《日本畅销作家们让人意外的老本行》

第10名:松冈圭佑

代表作:『ミッキーマウスの憂鬱』『催眠』など
代表作:《米老鼠的忧郁》、《催眠》等
作家以前に、催眠術師としてテレビ出演し知られた事がある。
成为作家以前,曾在电视上出演催眠师。
点赞

发表评论

邮箱地址不会被公开。