去日本,上日本邦

能吃?吓坏外国人的五种日本食材

近年、虫系の料理など、仰天グルメが何度も話題となってきた。しかし、以下の日本の食材には、外国人は絶対に目を丸めるだろう。
近年来,日本的虫子料理等让人为之惊颤的美食多次成为话题。而接下来要介绍的食材,绝对会让外国人弹眼落睛。
1. 白子
1.鱼白

《能吃?吓坏外国人的五种日本食材》

「白子」とは魚類の精巣。外国人なら、「精巣」と聞いただけで、食欲が一気に失せてしまうかもしれないが、日本では珍味として知られ、フグ、タラなどの白子は酢の物や鍋物、焼き物などとして食べられる。タンパク質が豊富であるため、栄養価の高い食材としても知られ、口当たりは超クリーミー。勇気ある珍味好きの人は日本に行って食べてみよう。
“鱼白”是鱼类的精巢。外国人一听到“精巢”估计食欲一下子就没有了,但是在日本,这是作为珍馐而被大众熟知。河豚、鳕鱼等物的鱼白以醋拌凉菜、用作火锅食物、烧烤等不同形式来食用。因为蛋白质很丰富,所以作为营养价值高的食材也被大众熟知,口感像奶油一样。如果有勇气又很喜欢珍馐的朋友,一定要去日本尝尝。
2. 馬刺し
2.马肉刺身

《能吃?吓坏外国人的五种日本食材》

日本人は刺身好きであることは誰でも知っている。しかし、魚や貝の刺身ならまだしも、「馬の肉の刺身」と聞くと、日本人はいつでもサプライズを与えてくれると感じてしまう。馬の肉は豚肉より赤く、食べるとコリコリしているという。馬の肉を食べる習慣のない国の人にとっては、まさに衝撃だろう。
日本人喜欢吃刺身,这是众所周知的。但是,如果吃鱼类、贝类的刺身还好,如果是“马肉刺身”的话,这无疑是日本人又一次带来的大大“惊喜”。马肉比起猪肉更红,吃起来硬硬的。对于没有吃马肉习惯的人来说,这简直就是冲击啊。
3. イルカ肉
3.海豚肉

《能吃?吓坏外国人的五种日本食材》

「残酷」と感じるかもしれないが、イルカ漁も行われている日本には依然として、イルカ肉を食べる習慣がある。ただ、そのような習慣があるのは和歌山や静岡県、千葉県などの沿海地域だけで、ほとんどの日本人はイルカ肉を食べたことがない。ちなみにそのお味はというと、好きな人はもちろん絶賛するものの、くさみが強くてまずいと言う人も多い。
可能会感觉到“残忍”,但是日本有捕捉海豚,吃海豚肉的习惯。不过,这种习惯也仅限于和歌山、静冈县、千叶县等沿海地区,大多数日本人没有吃过海豚肉。顺带一说,海豚肉的味道,喜欢的人绝对是称赞不已的,但有很多人觉得太臭很难吃。
4. シラウオの踊り食い
4.生吃活银鱼

《能吃?吓坏外国人的五种日本食材》

シラウオは、半透明で、1-3センチの細長い小魚。中国人が食べるイワシの缶詰の親戚とも言える。日本人はそれを、最も原始的に「生きたまま」食べる。外国人にとっては信じられない食べ方だろう。その食べ方は、水を張った鉢や皿に生きたまま出されたシロウオを網杓子ですくい、酢醤油の入った小鉢に移し、それを吸い物を吸うように、胃の中に流し込むのだ。口に入ると、生きたシラウオが口の中で踊る。
日本银鱼是半透明状,1-3厘米的细长条小鱼。可以说是中国人吃的沙丁鱼罐头的亲戚。日本人吃的时候是按照最原始的“活生生的状态”下吃的。对于外国人来讲是无法相信的吃法。具体吃法是把放在网勺里的活银鱼在满水的碗或碟子里过一过,再放到斟满醋、酱油的小碗里,沾着吃。银鱼入口后,因为是活的所以会在嘴里跳动。
5.マグロの目玉
5.金枪鱼的眼珠

《能吃?吓坏外国人的五种日本食材》

マグロの刺身は中国人も大好き。しかし、日本人はその「目玉」まで食べてしまうとは驚きだ。実は、魚の目玉は、コラーゲンが最も豊富な部分だ。しかし、画像のように目玉だけがくりぬかれていると、及び腰になってしまう。特に、料理済みの魚の身しか見たことがない外国人なら、正視に堪えず、食べるなどもってのほかだろう。
中国人也很喜欢金枪鱼的刺身。但是日本人会把“眼珠”都吃掉,让人惊讶。实际上,鱼的眼珠是含有骨胶原最多的部分。不过像图片上仅仅是放个鱼眼珠,还是很纠结会下不了手的吧。尤其是看惯了处理好的鱼的外国人,肯定对此不忍直视,更别提吃了。
点赞

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。