去日本,上日本邦

珍爱生命远离渣男:备胎女的共通点

《珍爱生命远离渣男:备胎女的共通点》
本命にしてもらえない!「2番目の女」になりやすい女子の共通点・4つ
他的本命不是我!容易被当“备胎女”的4个共同点
本命の彼女になれず、いつも「2番目の女」になってしまう。そんな悩みを抱えている女性もいると思います。男性からすると、本命にする必要がない何かが、そういう女性たちにはあるのかもしれません。そこで今回は、なかなか本命になれない、「2番目の女」になってしまいやすい女性の特徴を紹介します。
有些女孩可能会有这样的烦恼:自己总是不被当成真爱,而是被放在第二位,也就是备胎的位置上。从男性的角度看的话,可能这些女孩身上的某些特质是真爱所不需要的吧。所以今天,我们就来说一说那些容易被当备胎的女孩身上的特征。

 

《珍爱生命远离渣男:备胎女的共通点》
1.とにかく押しに弱い 
1.太过言听计从
「押しに弱い子って、全てにおいてこっちが押しちゃえば大丈夫な気がしちゃうんですよね。だから、他に女性がいても大丈夫かなって思っちゃいます…」(28歳/商社)
“太过言听计从的妹子,无论什么事情只要我态度强势点,就是我说的对。所以也就会觉得有了别的女人也没关系…”
押しに弱い女性というのは、はっきりとした自分の考えなどがないようにも思われてしまいがち。男性からすると、自分の思い通りにできてしまうような感覚があるのです。そして、そんな風に思ってしまうようになると、ちょっとその女性のことを軽んじて見るようにもなってしまいます。男性の押しに負けてばかりいると、別に他に本命の女性を作っても、何とか押し通せるだろうというような考えを持たれてしまうかもしれませんよ。
这样的女孩容易被认为完全没有自己的思想,久了就会让男人觉得什么都可以顺着自己的意思来。一旦男人开始这么想了,也就自然地会轻视起你来。如果你总是对男人唯命是从,他可能就会觉得有了别的女人做真爱也无所谓,对你只要强硬一点就能蒙混过去了。
《珍爱生命远离渣男:备胎女的共通点》
2.なんでもやってあげる
2.为了男人什么都肯做
「頼んでもいないのに、俺のためにとことん尽くしてくれるような子って、本命にする必要はないかなって思いがよぎっちゃいます。2番目でもOKしてくれそうだし…」(25歳/WEBデザイナー)
“明明没有拜托她什么,却为了我什么都要去做的妹子,没有当成真爱的必要。因为感觉要她做备胎她也OK的样子…”
なんでもやってあげてしまう女性、いわゆる「尽くしすぎる女性」は、本命相手になれない可能性を存分に秘めています。女性が自分にメロメロになっていると感じると、男性はその安心感から他の女性に目がいってしまいがちなので、好きだからといって何でもかんでもやってあげるのは、実は危険なことであると言えるでしょう。
为了男人什么都愿意做,也就是“过度奉献型女性”,很容易会不被当做真爱看待。因为,一旦男人判断妹子已经被自己吃得死死的,便会安心地将目光转向其他妹子了。“因为喜欢所以什么都愿意做”这样的思想,其实是相当危险的。
《珍爱生命远离渣男:备胎女的共通点》
3.「好きアピール」が強すぎる
3.太爱表忠心
「あまりにも「好き好き」言われると、最初のうちは嬉しいかもですが、それがずっと続くと、息苦しくて逃げたくなってしまいます」(26歳/調理師)
“一直说喜欢喜欢的,最开始会很高兴啦,但是没完没了的话,就会有点让人想逃开了”
過度の「好きアピール」は、次第に男性にとっては重荷になってきてしまいます。束縛されているのと同じような窮屈さがあり、自由と安らぎを求めて、他の女性のところへ行ってしまいかねないでしょう。
女生过度地对恋人表忠心的行为,渐渐地会让男人觉得压力很大。男人对此感到乏味了以后便会有种被束缚的感觉,这时,为了寻求自由和安逸,会转向其他女性也是难免的事情吧。
《珍爱生命远离渣男:备胎女的共通点》
4.男性のプライドを傷つけてしまう
4.伤害男人的自尊心
「遠回しに『あなたの給料は少ない』と何度か言われて、嫌になって浮気しちゃいました。今では完全に、その浮気相手の方が大事になってきちゃいましたね」(28歳/IT)
“老是绕着弯子说我工资太少之类的,觉得很烦于是劈腿了。现在更珍惜劈腿的对象。”
男性はプライドが高い生き物。なので、そのプライドを傷つけたりしてくる相手には、怒りがこみ上げてくるものです。自分のプライドを傷つけてくる女性に対しては、「自分のことを理解していない」とも感じるので、理解してくれる女性を新しく見つけられたら、その女性が確実に本命相手になってしまいますよ。
男人是自尊心很高的生物。所以对伤自己自尊的人容易抱有怒气。对于总是伤自己自尊的女性,男人会认为她并不理解自己。因此,当男人找到新的能理解自己的女人时,那个女人一定会被当成真爱的。
《珍爱生命远离渣男:备胎女的共通点》
おわりに
结语
一度「2番目の女」になってしまうと、そこから本命へと這い上がるのは至難の業です。好きだからといって、あまりにも男性の思うままにしてしまうと、いいように扱われてしまうので注意しましょう。
一旦被放在第二位,就很难再回到真爱的位置。所以,就算喜欢,也不要太过顺从男人的意思,否则不一定会得到对等的珍惜。
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。