去日本,上日本邦

最讨日本人厌的二字词汇是什么?

中国からもたらされた漢字は、日本語として独自の使われ方によって発展していきました。日本語には数え切れないほどの二文字の言葉がありますが、中にはこれだけは見たくもないという言葉もあるのでは。そこで、漢字二文字の中で嫌いな言葉について調査しました。
从中国引入的汉字,在日语中以独特的用法得以发展。日语中有数之不尽的二字词,其中也有看也不想看到的词语吧。因此我们就二字词中惹人厌的词语进行了调查。

《最讨日本人厌的二字词汇是什么?》

■最も嫌いな漢字二文字の言葉ランキング
■最惹人厌的二字词排行

1位:死亡

2位:増税

3位:脂肪

第1名:死亡

第2名:增税

第3名:脂肪

 

1位は《死亡》が選ばれました。

自らの《死亡》も、家族や親しい人の別れに通じる《死亡》も恐れるもの。《死亡》は、いつかは避けて通れないものですが、できる限り先に延ばしてしまいたい、避けたい言葉でしょう。

第1位“死亡”入选。

不管是自身的“死亡”,还是代表与家人、朋友别离的“死亡”都让人害怕。“死亡”尽管终将无法避免,但还是想尽可能推迟这一必然,当然是要避讳的词语。

 

2位には《増税》がランク・イン。消費税のさらなる《増税》は2017年4月に迫り、景気条項も削除されていることから、ほぼ確実とされています。食品などの軽減税率が議論されているものの、生活への影響が懸念されています。中小企業の経営者にとっては増税分が転嫁できなければ、死活問題です。「絶望」よりも上位にランクされていることからも、消費税の《増税》を深刻に捉えている人が多いことがうかがえます。
第2位的是“增税”。消费税将进一步增长的时间2017年4月正逐渐逼近,而且基本确定(以增税为前提的)经济状况条款也被去除。尽管也有对食品等物减税的讨论,可对生活的影响还是让人担心。对中小企业经营者来说如果增税部分能否转嫁是生死存亡的问题。这个词比“绝望”排名更高,也能看出大众对消费税相关的“增税”的严阵以待。

 

3位は《脂肪》でした。

特に若い女性はスリムな身体を維持したいと考える人や、ダイエットをして痩せたいと思っている人が多くみられます。年を重ねた人も、年齢とともに代謝が落ちて、《脂肪》がつきやすくなったことを嘆く人も多いのかもしれません。

第3位是“脂肪”。

很多年轻女性都想保持苗条身材,想通过节食来减肥。也有很多年长的人因为年龄增长而代谢水平下降,导致容易积累“脂肪”而哀叹的吧。

他にも《絶望》や《孤独》など、人生の辛さを感じる言葉がTOP10にランク・インしています。そんな深刻な中に混ざり、7位にランク入りしたのが《貧乳》という、女性にぐさっと来る言葉。最近では《貧乳》を「シンデレラバスト」と呼ぶ声もある通り、《貧乳》という響きは多くの女性にとって、酷な言葉と言えそうです。
其他还有如“绝望”、“孤独”等感叹人生艰辛的词语进入前十。在这些深刻的词语当中,也混入了排第七的“贫乳”这一刺激女性的词语。最近“贫乳”也有“灰姑娘胸”这样的说法,由此也能看出“贫乳”对大多数女性来说还是残酷的词语啊。
時代とともに、忌み嫌われる言葉も変わっていくのでしょう。
随着时代发展,让人忌讳厌烦的词语也会随之改变吧。

附Top10:

《最讨日本人厌的二字词汇是什么?》

点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。