去日本,上日本邦

老字号店铺:日本多中国少的理由?

日本には創業から100年を超える企業が数多く存在する。東京商工リサーチが2012年8月に発表したデータによれば、日本には創業100年超の老舗企業は当時、2万7441社も存在した。
在日本,创业超过100年的企业有很多。根据东京工商业调查在2012年8月发表的数据,当时在日本创业超过100年的老字号企业有2万7441家。
市場経済が導入されてから日が浅いという背景もあるが、中国は老舗企業の数は非常に少ない。また、近年は競争が激化していることから中国の中小企業の「平均寿命」はわずか2.5年にとどまるという。
在市场经济导入还不久的背景下,中国的老字号企业数量很少。而且,近年竞争激烈,导致中国的中小型企业的“平均寿命”只有2.5年。

《老字号店铺:日本多中国少的理由?》

日本に老舗企業が多いのと対象的に、中国企業の寿命が短いのはなぜなのだろうか。中国メディアの快科技は「日本にはなぜ創業100年を超える企業が数多く存在するのか」と題し、日本の老舗企業が荒波をくぐり抜けてきた秘訣を紹介した。
和日本老字号企业很多的情况相比,为什么中国企业寿命短呢?中国媒体·快科技介绍了以“日本为什么有这么多创业超过100年的企业”为题的关于日本老字号企业逃脱动荡的秘诀。
記事はある造船メーカーに注目し、不景気などの苦境のなかでも生き残る秘訣について「備戦備荒(戦争と飢餓に備える)」であると紹介。「国際市場のいかなる変化にも注意と警戒を怠らず、さらに先を見通す」ことの大切さを強調。そして、企業理念として「匠の精神」を挙げ、目先の安易な利益を求めず、誠実に高い技術を維持してきたと紹介している。中国ではある程度事業に成功すると、儲けの出そうな別事業を始め、投資で儲けようとする企業が多く、1つのことを突き詰める企業が少ないように見える。
文章中关注的是某一造船厂家,关于它在不景气等的苦境中残存的秘诀,介绍了“备战备荒(准备应对战争和饥饿)”这一点。它强调了“不懈怠对国际市场变幻莫测的关注和警惕,而且还要有先见之明”这一重要性。还有,作为企业理念例举了“匠人精神”,不求眼前微薄的利益,而是要拥有切实的高超技术。在中国,很多企业如果事业成功到某一高度,就会投资新的事业追求利润,反倒是专注于一件事的企业很少。

《老字号店铺:日本多中国少的理由?》

さらに一軒の寿司屋を例に、日本の「家業を継ぐ」という習慣を紹介。中国では日本と異なり、子どもが親の仕事を継ぐことは「情けない、頼りない」と捉えられる傾向がある。日本では親が真剣に仕事に取り組む姿を子どもが誇りに思い、後を継ぎたいと考えるものだが、中国ではそうではないようだ。これにはいくつかの理由が考えられるが、中国では「職人」が重んじられていないことや、自分の子どもを親に預けて出稼ぎに行く人が多いことも原因ではないだろうか。
在这里以一家寿司店为例,介绍了日本“继承家业”的习惯。中国和日本不同,孩子继承父母的工作被认为是“丢人,不靠谱”。在日本,父母认真工作的姿态在孩子看来是十分引以为豪的,他们会考虑继承之后发扬光大,而在中国并非如此。这其中有许多理由,比如在中国不重视“手艺人”、很多人将孩子托给父母照顾而自己外出挣钱,这些也是原因。
記事は「日本には創業から100年を超える企業が2万社以上も存在するが、なぜ中国はたった数社しかないのか」と疑問を呈しつつ、その理由として、日本の老舗企業の跡取りたちは皆、家業の歴史と技術を誇りに感じているからであると説明した。そして、中国人は「落ち着きがない」ので100年以上続くような企業が生まれるのは難しいと結論付けた。
文章中提出疑问“在日本创业超过100年的企业有2万家以上,为什么在中国只有少数几家呢”,得出的结论是日本的老字号企业的继承者们都以家业的历史和技术为豪,而中国人“缺少沉稳(过于浮躁)”,所以很难会有坚持100年以上的企业的存在。
中国人は往々にして「中国には5000年の歴史」があると、自国の雄大な歴史を誇るが、企業に歴史がないのは何とも寂しいことである。
中国人往往以“中国拥有5000年的悠久历史”为荣,但企业却没有历史,这多么让人惋惜。
点赞

发表评论

邮箱地址不会被公开。