去日本,上日本邦

多面社会人:日本职场中的11种人群

「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類できるは日本くらいなものだとか。外国人から見ると、私たちの働き方はこんな具合に見えているそうですよ。
在“日本信息”网站上介绍了典型的“11种不同日本员工的分类”。大概也只有日本的社会人能够被分类成如此具有个性的类别了吧。从外国人的视角看来,我们所工作的地方原来是这样一幅光景。

《多面社会人:日本职场中的11种人群》

01.陽当たりいい席なのに社内では日の目を見ない(窓ぎわ族)
01.虽然办公桌位子的阳光很好,但是在公司里面却不受人关注(窗边族)
文字通り、窓際に席を陣取り“窓に向かって祈る”人々。社内で冷遇され始めると、この場所に席を移動させられるようだ。彼らに課せられた任務はほぼなく、どうでもいいようなデスクワーク中心に日々を過ごすことになる。日本のオフィスレイアウトは非常にタイト。机を合わせる格好で作業にあたるため、窓ぎわ族だけがぽつんと孤立して見えるのだろう。
如同字面意思,这是指在公司里面总是倾向于选择靠窗位置的日本人。假如在公司内部遭到冷落,就会被迫将办公桌移到公司靠窗的角落。基本上不会有人去给他们布置任务,他们每天都在做一些无关紧要的工作中虚度时光。日本的办公室布局非常紧密。也许是因为桌子能够合并在一起方便工作,所以这些窗边族看上去是被孤立了吧。
これまで日本の習慣では、解雇が当たり前ではなかったため、窓ぎわ族の多くはベテラン社員だ。日当たりのいい場所に移動させられることは、すなわち会社から“三行半”を突きつけられている証拠とも言えるだろう。ただし、これも過去の習慣となりつつある。高層ビルにオフィスを構える現在の日本企業では、見晴らしのいい窓際を希望する社員も増えているようだ。
到现在为止日本的习惯中,因为解雇并不是非常常见的事情,窗边族大部分是一些资历深的员工。把办公桌移到光线好的地方,也可以说是与公司划清界限的证据吧。只是,这也是一种过去的习惯。现在在一些高层大楼中设置办公室的日本企业,越来越多的员工渴望能够坐到阳光晴朗的窗边。
02.ウトウトするのには意味があった…(居眠り族)
02.虽然看起来迷迷糊糊的,其实意味深长…(假寐一族)
これは、とても日本人らしく興味深い行動のひとつ。仕事中、社員が本当に寝ているのではなく、寝た“フリ”をしているのだ。何のために?たぬき寝入りは、社員から上司への“忙しすぎるアピール”なのだ。寝たふり(うとうとしては起きる)をすることで、色場でも自宅でもハードワークしていることを演じるためのパフォーマンスと思っていい。このニセ居眠り社員たちの行動には、「見られてはいけない」の裏に「見て欲しい」が込められている。
这是日本人色彩很浓的有趣的行为之一。在工作的时候,员工并不是真的在睡觉,只是做出一副在睡觉的样子。这是为什么呢?这种狐狸般的假寐,是一种员工向上司隐形宣称自己因任务过于繁重导致身心俱疲的表现。由于员工做出这种假寐(迷迷糊糊的样子)的行为,能够装出一副在许多场合亦或是在自己家中都十分认真工作的样子。这种假寐一族员工的行为,尽管表面上是“不希望被上司看见”,实际上是“希望被上司看见”的。

《多面社会人:日本职场中的11种人群》

03.制服が外国人にはこう見える?(ドブネズミ族)
03.外国人如此看待制服?(沟鼠一族)
この用語は、代わり映えしない退屈な衣装に身を包んで作業する、社員たちを揶揄する表現だ。
(沟鼠一族)这一用语是用来形容被一身拘束人的西装包裹着工作,讽刺公司职员的一种表现。
04.現状維持に甘んじる(ほどほど族)
04.维持现状,自我满足(差不多一族)
「ほどほど」とは、現状維持やそのままを表現する用語。たとえばミーティングの場で、まだまだ煮詰めていけばいい結論が見いだせるとことを、ほどほど族は現状維持で満足させていしまう、可もなく不可もない社員。情熱の全てを仕事に傾けなくても済んでしまうため、確かにスマートな働き方ではある。だが、当然ながら仕事上重要な存在にはならず、まだできるのにそれをしない期待値の低い人々とも言えるだろう。
「ほどほど」(差不多就好)是一种维持现状的表现用语。比如在会议上,对于那些仍待解决的问题,差不多一族总是倾向于在维持现状中得到自我满足,这是一群没有可以或者不可以标准的员工。他们的热情并没有完全投入到工作中去,好像确实是比较聪明的工作方式。但也可以说是一群无法在工作中实现自我价值,明明能够做到的事情却不去做的期望值很低的人。
05.小さな枠の内で肩寄せあい、スパ〜ッ(ホタル族)
05.在生活小小的框架中寻找精神寄托(萤火一族)
生活の中で唯一、明かりを灯すのがこのタバコの火。会社内でも喫煙エリアを制限された愛煙家たちが、肩を寄せあうようにしてタバコを吸っている。
生活中唯一的寄托就是点燃着的香烟火。一些爱好抽烟的人尽管在公司内部被禁止吸烟,但为了让自己得到一种精神上的寄托而无法停止吸烟。
06.デキるビジネスマンたち(エリート集団)
06.能干的商务人士(精英集团)
企業の中でも秀でたビジネスマンがいる。彼らの活力源は、酒を飲みそして寝ること。こうして24時間365日フル回転して、あくせく働いている。彼らのバックグラウンドはエリート校。若いうちから、社会的プレッシャーの中で生き抜く術を身につけているのだろう。ただ、人生の多くを仕事に費やし、体や精神を壊すこともしばしばあるようだ。
在企业中有一些十分优秀的商务人士。他们的动力来源是酒精以及睡眠。像这样一天24小时一年365天循环地辛苦工作。这些人的背景一般都是一些精英院校,他们从年轻时候开始就学会了在社会的洪流中脱颖而出的技能。但是他们往往把生命都花在不断的工作中,逐渐弄垮了自己的身体和精神。

《多面社会人:日本职场中的11种人群》

07.過去の栄光にいつまでもしがみつく(濡れ落ち葉族)
07.无数次提及自己过去的光辉历史(没落一族)
学生時代や昔の成功談など、過去の栄光にいつまでもしがみつき現実逃避をする社員を指す用語。前述のサラリーマンから転落すると、待っているのはこの“濡れ落ち葉”だ。
这是一种指代那些无论何时都把学生时代和过去的成功挂在嘴边借此逃避现实的员工的用语。在前一条所说的商业人士褪去光泽之后,等待他们的就是步入这种没落一族的田地。
08.出世のためならなりふり構わず(ごますり族)
08.为了往上爬不择手段(逢迎一族)
彼らを実際に目の前にすれば、誰だって否定することは難しい。身振りや言葉の裏に本音を隠して、出世のために頭を下げることができる人々。彼らには、陰で足を引っ張る人間たちとオーバーラップする部分がある。
这种人实际在眼前的话,不管是谁都很难去指责他们。他们擅长用肢体行为以及语言去隐藏自己真实的想法,为了能够往更高的位置上爬甘于向他人低身下气。这种人跟那些总是拖人后腿的有一些雷同之处。
09.人の噂話しで一喜一憂(ちっちゃい人間)
09.听风就是雨(渺小的人类)
人間としての器や度量の小ささを比喩した用語だが、そのまま“ちっちゃい人間”と表現するようだ。噂を広めることに躍起になるようなゴシップ好きはウサギの耳にも例えられる。
这是比喻人的器量狭小的用语,直接用“渺小的人类”来表现这样的人。比如那些喜欢绯闻,总是闹得周围环境乌烟瘴气的人。
10.飼い犬に手を噛まれる!?(裏切り者)
10.被自己养的狗反咬一口!?(背叛者)
飼い犬に手を噛まれるとはまさにこのこと。怒りを直接的には表現しない日本人には典型的なこの性格が、企業文化の中にも深く根付いているといえよう。
能表现这种情况的大概就是被自己养的狗反咬一口了。不直接将怒气表现出来是日本人典型的性格,即使在企业文化中也根深蒂固。

《多面社会人:日本职场中的11种人群》

11.体制に反抗するヒッピー?(フリーター)
11.对抗体制的嬉皮派?(自由职业)
「フリーランス」と「アルバイト」を掛け合わせた日本の造語。このフリーターに属する人々(特に若者が多い)は、体制的な文化に反抗するいわばヒッピー的な要素を持つ労働者だ。反面、怠け者だったり、卒業後に定職につかず(もしくはつけず)に自分のやりたいことを見つけるまでの間の、一時的なアルバイトをする人々も指す。フリーターの一部は、独立せずに両親と暮らしていることが多いようだ。
这是一种由“自由职业”以及“兼职”组合而成的和制词语。这种属于自由职业一族的人群(特别是年轻人占多数),是一群拥有对抗现成体制和文化的有着嬉皮要素的劳动者。反过来说,这指的是一些懒惰懈怠,在毕业之后不找一份稳定工作和落脚之处、在找到自己想要做的事情之前,暂时做着一些兼职的人。自由职业者中很大一部分还不能够独立自主地生活,而是跟父母生活在一起。
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。