去日本,上日本邦

日本年轻人日益改变的婚恋观

2015年会社員1,000名を対象にしたアンケート。
2015年以1000名公司职员为对象展开了问卷调查。
結婚願望がない男女は41.5%でした。その理由は「恋愛や結婚自体が面倒、興味がないから。」
没有结婚意愿的男女占到41.5%,他们给出的理由是“恋爱结婚太麻烦了,没有兴趣。”
「友達以上、恋人未満」がいい。
他们更喜欢一种“超越友情,不及爱情”的状态。
付き合えばいいのかもしれないが、「友達の状態が良い」。むしろ、恋人になるとデメリットばかり。
如果能交往的话也不错,但是“朋友的状态就好”。假如成了恋人就会产生一大堆问题。
その気になれば付き合えると確信しつつも、あえて決定打は踏まず、友達以上恋人未満の状態を続けている。
意识到了这一点,即使确定了彼此能够交往的心意,也绝对不会做出这个决定,而是保持一种超越友情而不及爱情的状态。

《日本年轻人日益改变的婚恋观》

なんで、こんなことに…?
为什么会出现这样的心理呢
「責任とりたくありません」
“因为不想承担责任”
20代男性が出世したくない一番の理由がなにかというと、「責任の範囲が広がるのが嫌だから」。
如果问现在20多岁的男性不想在仕途上有所发展的最大理由应该就是“责任变重是一件很讨厌的事情”。
仕事をして給料は受け取るが、責任は取りたくない。
尽管做着工作拿着工资,却不想承担责任。
恋愛でも、責任とりたくない。
即使是恋爱,也不想承担责任。
自分のことを好きでいて欲しい。でも自分が相手に対して責任を負うのは嫌。
只想要爱自己。如果要自己对对方负责的话就会觉得讨厌。
若者の場合は性欲がないわけでなく、相手がいるセックスに対しては関心が低い。責任を負いたくないという思い。
现在的年轻人并不是性冷淡,而是对和固定对象的性行为没有多大兴趣。他们大多数都不想负责任。
みんなと、ゆる~く繋がる。
跟所有人保持一种不近不远的关系。
親とも仲良くできちゃう。
只要跟家人保持亲近的关系就可以了。
ツイッターで母親との旅行の写真を載せて、仲の良さをアピールする男性もいる。
也有的男性在推特上晒出跟妈妈一起出去旅行的照片,秀自己跟家人的幸福。
反抗をすることで自立心だったり、大人として親との距離感ができますが彼らにはそれがないので母親との距離感は子供のときのまま。
这种人并没有因为反抗心理而产生自立心,也没有因为长大了就增加了跟父母之间的距离感,他们与母亲的关系就如同小时候一样。
「親との関係がいい」ということも、見方を変えれば、「責任を取らなくてもいい生き方の選択」につながっていきます。
“跟父母感情关系紧密”这种事情,换个角度来看,也可能是因为“即使不负责任也能够很好地生活下去”。

《日本年轻人日益改变的婚恋观》

「あえて結婚しない」ってのも1つの道?
“刻意不去结婚”也是一种选择?
結婚というものにとらわれなくても一緒にいることはできる、一緒に人生を歩んでいけるという考えも増えています。
不拘泥于结婚这种东西也能够走下去,一起走完人生的道路。近来持有这样想法的人越来越多。
逆説的な将来の社会への不安と、責任を取りたくないという意志が交差する独自の人生観。
反过来说,这是一种对将来社会的不安以及不想承担责任的意志交叉而形成的独立自主的人生观。
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。