去日本,上日本邦

转变思路:把无聊的工作变得有价值

《转变思路:把无聊的工作变得有价值》

仕事がつまらないと感じるとき、ありますよね。コピーして、注文書作って、伝票整理する……。単調な作業だけでなく、人事部を希望していたのに営業職になったとか、希望と異なる仕事をしているときにも「つまらない」と感じやすくなります。でもその「つまらない」、考え方次第でいくらでも面白くなりますよ。
有没有觉得工作十分无聊的时候呢。复印东西、制作订单、整理发票……不仅是这样单调的工作,志愿是人事部,却被分到了销售部门。当从事着与志愿不同的工作时,也会容易感到“无聊”。但即使是这样的“无聊”,根据思考的方法的变化也会变得有趣起来。
■つまらない仕事→自分なりの付加価値を付ける!
■无聊的工作→赋予自己独有的附加价值!
つまらない仕事をつまらなくしているのは、他でもない自分です。仕事がつまらないのではなく、「つまらない」と感じるやり方でやっているのが自分なのです。そんな仕事を面白くするには、自分のやり方を変える必要があります。
使无聊的工作变得无聊的,不是别人,正是自己。不是工作无聊,而是自己的工作方法让自己感受到“无聊”。为了让那样的工作变得有趣,有必要改变自己的工作方法。
それは、「付加価値をつける」ということです。例えば、年賀状のあて名書きを考えてみましょう。ハガキにあて名を書くという単純な作業ですが、それはつまらないでしょうか。確かに何も考えずに書いていればつまらないですが、「筆で書くと難しいなあ」と感じて、次第に「こう筆を動かすと綺麗な字になる」と気付いたり、「姿勢を変えたらもっと楽になった」とどんどん改善していくこともできますよね。つまらなくするかどうかは、自分次第なのです。
那正是,“赋予附加价值”的意思。例如,写贺年卡的收件人。在贺卡上写姓名是一个单纯的机械作业,是无聊的事情。确实,什么都不考虑只是去写的话就是无聊的,但“用笔写很困难啊”,接着觉得:“这样挥动笔,会写出漂亮的文字。”还会慢慢察觉到“改变姿势能更有趣”而一点点进行改善。工作是不是无聊,是取决于自己的!。
■どんな付加価値をつけられる?
■可以添加什么样的附加价值?
それでは、仕事ではどんな付加価値がつけられるでしょうか。まず、単調な仕事の場合。例えばメール作成では、何も考えずに打つのと、「できるだけ行数を少なくして、パッと見て内容がわかるようにするにはどうすれば良い?」と考えながら打つのとでは雲泥の差が出ます。メールのタイトルの付け方一つでも如実にスキルがわかります。また例えばただコピペして書類を作るだけでも、誤字脱字を書き直したり、目的を考えてコピペするものの順番を変えるだけでも良いものになります。
那么,工作可以被赋予什么样的价值呢?首先,单调的重复工作时。例如,撰写邮件的时候,如果是什么都不想,一味地输入的话,“尽可能地减少行数,一下子就让内容简单明了比较好?”就是这样的想法可以让写出的邮件出现天壤之别。我们了解到邮件标题的命名也是有技巧的。另外,例如就算是复制粘贴做成的文件,也可以修改错字,带有目的性地改变复制粘贴的顺序也是一件好事。
希望の仕事ではないせいで「つまらない」場合も、付加価値がつけられます。まず、なぜ「この仕事が合わない」と感じるのかどうかを突き詰めて考えましょう。外部の影響でやむなしなのか、自分の適性を考えれば妥当なのか。そうすることで、改善点が見つかったり、新たにやる気がわくこともあるでしょう。また、この仕事の面白さに気付いていないだけかもしれませんので、先輩たちなどにざっくばらんに意見を聞いてみるのも良いでしょう。人間関係が良くなることによって、仕事への向き合い方が変わるかもしれません。
因为不是自己所期望的工作,而觉得“无聊”的时候也可以添加附加价值。首先,来看看为什么感觉“这个工作不合适”。是不是因为外部的影响而没有办法,考虑下自己的适应性是不是妥当的。这样的话,会找到改善点,也会出现新的干劲儿吧。还有,可能因为自己没有发现这个工作的有趣之处,坦白地请教下前辈也不失是一个好办法。造就良好的人际关系,说不定会转变地适合工作。
付加価値は、つけようと思えばいくらでも頑張りどころがあります。
当你想要增加附加价值的时候,有很多可以努力的地方。
よく考えて、今の仕事を良いものにできるのであれば、今後ますます信頼されて有能なビジネスパーソンになることでしょう。
仔细地考虑一下,如果现在的工作也能很好地完成,今后也越发有可能成为被信赖的白领吧!
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。