去日本,上日本邦

日本自行车文化:与行人的共处之道

ここ数年来、地球温暖化防止の環境保護の理念が世界を風靡するに伴い、自転車は健康と環境保護のエコロジーな交通手段としてますます人気が出ている。日本は自動車の先進国であると同時に自転車大国でもあり、中国、米国に次ぐ世界第3の自転車大国だ。日本は世界で最も人口密度が高い国のため、都市部の地価は高く、コミュニティは密集しており、道路が狭いうえに日本国民の「我慢する」性格が加わり、独特な自転車文化を形成した。文匯報が伝えた。
文汇报报道:这几年来,随着防止全球变暖的环保理念在世界风靡,自行车作为保护健康和环境的绿色出行方式越来越有人气。日本是汽车发达大国的同时,也是仅次于中国、美国的第3大自行车大国。日本是世界上人口密度最高的国家,所以都市的地价很贵,地方自治团体很密集,道路很狭窄,又加上日本国民的“忍耐”性格,这就形成了独特的自行车文化。

《日本自行车文化:与行人的共处之道》

「ママチャリ」は一番の足代わり
“女士自行车”是首选的代步工具
日本人が最もよく使用する自転車のモデルは欧米のようなスポーツを目的としたマウンテンバイクやレーススタイルの自転車ではなく、中国の一般的な自転車に比較的似ている「ママチャリ」と呼ばれるものだ。この自転車の前部にはだいたい便利な買い物かごがあり、後部には子供用の椅子が取り付けられており、発電ライトが装備されている。日本の町じゅう至る所でこの自転車に乗る老若男女を見かけ、日本人数百万人が毎日この交通手段に頼り生活している。
日本人最常用的自行车不是欧美那种以运动为目的的登山车或跑车,而是和中国普通自行车相似的“女士自行车”。这种自行车前面一般会有一个篮子,方便购物,后面安装了一个孩子坐的椅子,并配备了发电灯具。在日本的街道中,到处都能看见骑自行车的男女老少,日本数百万人都依赖着这种交通手段生活。
通行人が邪魔しても鳴らさないベル
行人在前面挡路了也不会按铃
人口密度が高く、日本の車道と歩道の道幅はもともと狭いため、日本には基本的に自転車専用レーンがない。このため、自転車の交通施設において日本は他の国から後れを取っている。日本の交通ルールにおいて自転車は軽車両と位置付けられており、原則的に車道を走行することができる。しかし1970年に交通事故死亡者数が激増したことによって、交通当局は緊急避難条例を発表し、自転車が歩道を走ることを許可した。この一時的な条例が長期にわたり施行され、現在の日本の大部分の市街地で自転車が歩道を走るという状況を招いている。
因为日本人口密度高、车道和人行道的宽度很窄,所以基本上没有自行车专用的车道。因此,在自行车的交通基本设施方面,日本落后于其他国家。日本的交通规则中自行车属于非机动车道,原则上是可以走车道的。但是1970年交通事故死亡人数激增,所以交通相关部门发布了紧急避难条例,自行车被允许可以走人行道。这个一时的条例经过长期的实施,演变成现在日本大部分地方自行车都行驶在人行道上的状态。

《日本自行车文化:与行人的共处之道》

理論的に言えば、歩道は歩行者を優先し道を開けなければならない。しかし現在の日本の交通事情は独特な自転車文化を形成しており、自転車と歩行者が調和しながら共生している。日本の交通は弱者優先で制定されており、歩道を走る自転車走行者は歩行者を優先させなけれなならない。歩行者が多い時には自転車を下りて他の人の安全を確保する。そして例え人が多くても自転車走行車は自転車のベルを鳴らさない。これは日本の法律で規定れれているものではなく、社会のモラルであり、ちょうど日本の車のドライバーが緊急事態でなければクラクションを鳴らさないのと同じだ。実際に急いで通過するときは通常「ごめんなさい」と一声かけるか、わざとブレーキ音を出して歩行者の後ろの自転車の存在に気付かせると、歩行者はほぼ友好的に自転車に道を譲る。当然、この際には「すみません」と一声かけるのは必須だ。
理论上来说,人行道是优先行人而设置的。但是现在日本的交通情况中有独特的自行车文化,所以变成了自行车和行人和谐共存的一幕。日本的交通是优先弱者来制定的,所以骑在人行道上的自行车必须先让行人。行人多的时候,骑自行车的人会先从自行车上下来,这是为了确保他人的安全。而且即使行人很多,骑自行车的人也不会响铃。这不是日本法律的规定,而是社会的道德观念,这和日本的汽车除了有紧急事态发生时鸣笛之外都不会按喇叭是一个道理。实际上,着急要通过的时候一般说声“不好意思”,或者发出刹车的声音,行人就会意识到后面有自行车的存在了,然后他们就会友好地让道给自行车。当然,这种情况下说声“不好意思”是必须的。
自転車ルールの違反者は高額な罰金を支払わなければいけない
违反自行车规则的人一定要支付高额的罚金
日本の交通ルールは自転車走行者に対し、厳しい規定がある。例えば、夜間に乗る時は必ずライトを点灯させること、子供を除いて2人乗り禁止、13歳以下の子供が自転車に乗る際には必ずヘルメットをかぶること、傘を差しながらの運転は禁止、電話をしてはいけないなどである。
日本的交通规则中对于骑自行车的人有着严格的规定。比如说,夜间骑车时一定要点亮车灯,除了带孩子以外禁止载人,13岁以下的孩子在骑自行车的时候一定要戴安全帽,一边打伞一边骑车是禁止的,不能骑车时打电话等等。

《日本自行车文化:与行人的共处之道》

しかしながら、上記のように交通規制が厳しいにもかかわらず、日本は自転車専用レーンがないという弊害に制限され、狭い歩道の多くでは往々にして自転車と歩行者の安全で円滑な走行を保障できないうえ、自転車走行者の多くが段々と「暗黙のルール」を軽視したことで、ここ数年来日本では自転車と歩行者の交通事故が急激に増加している。そのため、日本の警視庁は今年6月1日から「道路交通法」改訂版を正式に施行し、自転車の違法行為に対して罰則を強化した。一部の罰金は4万円にまで及び、これによって自転車による交通事故が減少するよう希望している。
但是,不论上述交通规则有多严格,因为受到日本没有自行车车道这个弊害的限制,在狭窄的人行道上来来往往的自行车和行人的安全不能完全保障,而且骑自行车的人渐渐忽视了“默认的规则”,这几年来在日本,自行车和行人的交通事故急剧的增加。因此,日本的警视厅在今年6月1日开始正式实施《道路交通法》的改订版,对于自行车违法行为加强了罚则。一部分的罚金高达4万日元,希望由此可以减少自行车引起的交通事故。
点赞

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。