去日本,上日本邦

日本“直男癌”:奶爸引发大争议

「イクメン」という言葉が当たり前に使われるようになってずいぶん経ちますが、働く女性の中にはこの言葉を聞くと、何となくイヤーな気分になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。その原因の多くは、男性と女性の解釈の違いにあるように思います。そこでここでは、男女間における解釈の違いと、問題の解決策を探っていきましょう。
我们已经理所当然般使用“奶爸”这个词很长时间了,但是向已经就职的女性询问这个词汇时,总有一些人会陷入不愉快的心情中。造成这种现象最主要的原因就是男性与女性对这个词汇有着不同的解释,于是,我们调查了男女间对这个词汇的理解差异,并且来寻找出解决这一问题的对策吧。

《日本“直男癌”:奶爸引发大争议》

■そもそもイクメンって何?
■说到底何谓“奶爸”?
かっこいい男性を指す「イケメン」をもじって誕生し、2010年には流行語大賞にもノミネートされた言葉「イクメン」。この言葉の定義は、明確に決まっているわけではありません。ただ、厚生労働省が運営する「イクメンプロジェクト」のオフィシャルサイトを見ると、「イクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。」となっています。
由指代帅气男生的词汇“イケメン”谐音而成,被提名2010年流行语大赏的词汇“イクメン(奶爸)”,它的定义并没有被明确的规定出来。只不过,参考厚生劳动省运营的官方网站上的说法:“奶爸是指享受育儿的乐趣,自身也会得以成长的男性。”
「イクメン」という言葉には、育児をする男性に対する賞賛が含まれているように思われます。男性が育児をすること自体は確かに素晴らしいことですが、女性はどれだけ育児に時間を割いていても、「イクジョ」と呼ばれることはありません。この言葉がこれだけもてはやされるということは、「育児は基本的に女性がするもの」という意識が日本で定着していることの裏返しでもあります。働く女性の多くは、このことにいら立ちを覚えることが多いようです。
“奶爸”这个词汇被认为包含着对带孩子男性的赞赏。男性来照顾孩子本身是一件非常厉害的事情,不过,就算女性花费多少精力与时间在照顾孩子上面,也无法得到“超级奶妈”的称呼。这个极具赞赏的词汇反而表现了“育儿基本上是女性分内的事情”这个在日本普遍的意识。很多独立工作的女性常常对这一事感到不快。
【男性の思うイクメンと女性が理想とするイクメン】
【男性所认为的“奶爸”和女性理想中的“奶爸”】
イクメンの定義から考えても、どの程度育児に参加すればイクメンにあたるのかということはわかりません。このことから男性の多くは、「少しでも育児に参加すればイクメン」だと思っているのではないでしょうか。
就算参考“奶爸”的定义,也无法判断到底参与照顾孩子到哪种程度才能称得上是“奶爸”。对于这一标准,很多男性都表示:“稍微参加一下照顾孩子就算是奶爸。”
それに対して働く女性は、夫に自分と同等か、そこまでいかなくても主体的に育児に取り組む様子が見られなければ、夫がイクメンだと自称することに納得がいきません。
与此相对,工作的女性则认为老公要付出与自己同等的精力劳力,就算做不到这个程度,如果不能呈现出一种全力以赴照顾孩子的样子,还自称自己是奶爸,这是不能够被认可的。
育児を「手伝う」ということ
育儿便是“帮助”妻子照顾孩子
皆が皆そうとは限りませんが、男性の中には家事や育児を自分からするのではなく、妻からいわれて「手伝う」人が多いように感じます。いわれたことしかしなかったり、少しでもやったら「俺はイクメンだから!」と豪語してはばからなかったり。外出先(人前)でばかり子供の世話をして、自宅では何もしないという人さえいる始末です。
可能并不是所有人都这样,家中的男性并不是主动做家务、照顾孩子,很多人都是在妻子有所要求后会去“搭把手”的感觉。只做让做的事情,稍微做一点点家务就撒下豪言壮语说:“我是奶爸”。还有那种在外面人前开口闭口都是孩子们的事情,但是在家却什么都不做的人。
女性が家庭を守り、男性が働きに出るという社会構造が定着していた時代には、少しでも家事や育児に参加することには大きな意味があったかもしれません。しかし近年では、働く女性に対しても男性と同等の活躍が求められています。そうである以上、男性にも女性と同じレベルで家事や育児に参加することが期待されても無理はありません。
女性负责守护家庭,男性负责外出工作,在这样的社会构造定型的时代,男性稍微参加一下做家务、照顾孩子或许就有着很大的意义。但是,近年来独立工作的女性追求着和男性同等的职场活跃度。既然有了这样的背景,那么女性期待男性参加同等水平的家务以及育儿也不无理由。
家事にも育児にも仕事にも責任を持たされている女性たちからすれば、「イクメンだっていうなら、私と同じくらい積極的に子育てに参加してよ!」と思ってしまうわけです。
在既有家务责任、又有育儿责任还有工作责任的女性看来,理所当然会这么想:“既然说是奶爸,就和我一样积极地照顾孩子啊!”
【自称イクメンはおだてて本物に】
【把自称奶爸吹捧成真奶爸】
男性と女性の間にある解釈の違いを埋めるには、男性が主体的に育児にかかわる姿勢が大切です。おむつが濡れていたら妻を呼ぶのではなく、たとえうんちでも自分で替える。お腹が空く時間だと思ったら、ミルクをつくって飲ませる(母乳の子をのぞく)。子供が構ってほしそうだったら、一緒に遊ぶ。それを続けている男性は、自然と妻をはじめとする周囲から「イクメン」と呼ばれるようになっていきます。
男性和女性之间对于解释的理解不同,主要在于男性是否主动承担养育孩子的态度。当纸尿裤湿了的时候,不是叫妻子过来解决,就算是臭臭也必须自己主动去换尿布。觉得孩子差不多肚子饿的时候,就冲些牛奶给孩子吃(当然不包括吃母乳的孩子)。孩子欢腾的时候,就陪孩子一起玩儿。对于一直做着这些事的男性,妻子以及周围邻居都会自然而然地称呼其为“奶爸”。
ただし、夫が「イクメン」を自称するタイプなら、(どれだけイラッとしても)おだてて本物のイクメンに育て上げましょう。「助かるわ」「○○ちゃん、パパと一緒だとうれしそう」「すごーい!」。ことあるごとにこのような言葉をかけることが、自分の負担を減らすことにつながります。
不过,如果丈夫喜欢自称“奶爸”,(无论对此有多么烦躁)妻子就使劲夸他,把丈夫教育成真奶爸吧。“帮我大忙了”“○○酱,和爸爸在一起的话很开心嘛。”“好厉害!”动不动就将这些话挂在嘴边,可以减少自己的负担。
点赞

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。