去日本,上日本邦

寓意满满:世界各国的迎新料理7选

《寓意满满:世界各国的迎新料理7选》
日本では、大晦日に年越しそば、お正月はおせち、1月7日には七草粥を食べる習慣がありますよね。
在日本,除夕夜要吃跨年荞麦面,正月要吃年节菜,1月7日吃七草粥。
しかし1年の始まりを祝う食べものは、国によって大きく異なります。
但是庆祝一年开始所吃的美食,根据国家不同是不一样的。
『FOX NEWS』の記事を参考に、世界の「新年の料理」を見ていきましょう!
参考《FOX NEWS》的文章,让我们来看看世界的“新年料理”都有什么?

《寓意满满:世界各国的迎新料理7选》
■1:オランダ(オリボーレン)
■1:荷兰(Olibollen)
大晦日には、レーズンなどを入れた丸いドーナツをつくります。揚げドーナツのようなもの。もともとはゲルマン民族が、年末年始にこれを食べる風習があったという説があります。
除夕夜要做圆形甜甜圈,里面放入葡萄干之类的,像是油炸甜甜圈那样的东西。传说本来是日耳曼民族在年末年初时有吃这个的风俗习惯。
冬空に現れる悪魔の心を持つ神ペルチャが人々の腹を切り裂こうとしたとき、オリボーレンを食べた人々のお腹はドーナツのように「ふっくら」していて切り裂くことができなかったのだとか……。
据说冬天的天空出现拥有恶魔之心的神perutya,在他把人破膛开肚时,吃了Olibollen的人的肚子会像甜甜圈那样“胖乎乎”的,神就无法切开他的肚子了……
《寓意满满:世界各国的迎新料理7选》
■2:スペイン(12粒のブドウ)
■2:西班牙(12颗葡萄)
大多数の人々は新年を迎えるにあたってシャンパンを飲みますが、スペインとラテンアメリカの一部ではさらにブドウを12粒一気に食べるのです。もともとは1880年代に始まったフランスの伝統から来ているようですが、今日でも続けられています。
大多数的人在迎接新年的时候会喝香槟酒,但是在西班牙以及一部分拉丁美洲地区还要一口气吃12颗葡萄。本来是源于1880年代开始的法国传统,现在也一直延续着。
大晦日から新年にかけて鳴らされる鐘の音に合わせて、来る12ヶ月の幸運を祈り、新年最初の12秒以内に食べなければなりません。新年早々、ちょっとした苦行ですね。
伴随着除夕夜到新年的钟声,祈祷着未来12个月能够有好运,(葡萄)必须在新年最开始的12秒内吃完。新年一开始就要做这么艰苦的事情啊。
《寓意满满:世界各国的迎新料理7选》
■3:イタリア(コテキーノとレンズ豆の煮込み)
■3:意大利(COTECHINO和煮扁豆)
豚肉やレンズ豆を煮込んでつくる伝統的な煮込み料理です。
猪肉和扁豆一起煮的传统炖煮料理。
レンズ豆はコインを連想させることもあり、新年の金運や幸福を願って食べられるそうです。イタリアでは、ボリュームたっぷりのこの料理を食べることで、幸運な12ヶ月が保証されるといい伝えられているのです。
扁豆让人联想到硬币,吃扁豆即祈祷着新年的财运和幸福。在意大利,据说吃了大份量的这道料理能够保证可以度过幸运的12个月。
《寓意满满:世界各国的迎新料理7选》
■4:ドイツ(ベルリーナー・プファンクーヘン)
■4:德国(Berliner Pfannkuchen)
12月31日の夜、どこのパン屋でも売っているドイツの伝統的な揚げ菓子です。ドーナツに似ており、中身はプラム・あんず・ラズベリーなどのフルーツジャムです。ときどきジョークでマスタードを入れる人もいるとか……。
12月31日的晚上,无论哪家面包店都会卖的德国传统油炸点心。有点像甜甜圈,但里面是梅子·杏子·山莓等水果酱。有时候开玩笑会把芥末放进去……。
《寓意满满:世界各国的迎新料理7选》
■5:ギリシャ(ヴァシロピタ)
■5:希腊(vasilopita)
基本的にはシンプルなパウンドケーキ。材料も砂糖・牛乳・卵・オレンジ・オレンジの皮など、手に入りやすいものばかりです。
基本是十分简单的磅蛋糕。材料是白糖·牛奶·鸡蛋·橙子·橙子皮等,都是很常见的东西。
少し趣向が凝らしてあるのは、アルミホイルにくるんだコインを入れて焼きあげるところ。ケーキをカットしていってコインに当たった人には、その年に幸運がもらさられるといういい伝えがあるのです。
稍微有些不一样的就是,蛋糕放入铝箔时会在里面扔进一枚硬币再进行烧烤。切蛋糕时,碰到硬币的人据说这一年都会有好运。
《寓意满满:世界各国的迎新料理7选》
■6:南アメリカ(ホッピンジョン)
■6:南美(hippinn·jyonn
ブラック・アイド・ピーという豆や豚肉の料理とお米の組み合わせが、新年定番の料理です。ニューヨークタイムズ紙によれば、アメリカに向かう途中だったアフリカ人が、ブラック・アイド・ピーを食べながら道を進んでなんとか生き残ったという話に由来しているようです。それを食べることで、幸運が訪れるといういい伝えなのです。
是一种黑豆和猪肉料理加上米饭的组合,这是新年的定番料理。根据纽约时代杂志,由来是非洲人去往美国的途中靠吃黑豆子一步步向前走,才勉强生存下来。吃了它据说会有好运。
《寓意满满:世界各国的迎新料理7选》
■7:アイルランド(バターパン)
■7:冰岛(黄油面包)
大晦日にバターパンやサンドイッチなどをつくるようですが、昔からの変わった風習を続けている家庭もあります。
除夕夜要做黄油面包和三明治,但是也有一些家庭继续着以前就比较另类的风俗习惯。
それは家のドアや壁を古くなったパンで叩くというもの。悪い霊を追い払う意味があるとか。ただしパンが飛び散ってしまうので、やらない家庭もあるそうです。
那就是,家的门、墙壁要用陈年面包敲一敲。这是驱赶恶灵的意思。但是因为面包会碎一地,所以不这么做的家庭也是有的。
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。