去日本,上日本邦

专家门诊:桔子吃多了会得病吗?

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する。
黄色人种的黄疸是看眼白部分来判断的。
黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。
不知大家有没有听说过黄疸的症状?黄疸是指胆红素这种黄色色素在血液中增加,并附着在全身皮肤、粘膜上的一种状态。
日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色いため黄疸があるかどうかの判定が難しく、軽い黄疸は眼球結膜(白目の部分)で判定します。
像日本人这样的黄色人种,因为皮肤的颜色是黄色,所以有没有得黄疸很难判断,轻微的黄疸是靠眼球结膜(眼白部分)来判断的。
よく、みかんを食べ過ぎると手のひらや足の裏などが黄色くなることがありますが、これは「柑皮症(かんぴしょう)」と言って、病気ではありません。みかんなどに含まれるカロテン(ビタミンAの前駆物質)の過剰摂取により、皮膚にこの色素が沈着して黄色くなる状態。黄疸とは異なり、白目の部分は黄色くなりません。
吃多了桔子的话,手掌、脚掌等地方可能会变成黄色,这叫做“胡萝卜素性黄皮病”,不是病。因为桔子等含有的胡萝卜素(维生素A的前驱物质)过剩摄入,这种色素就附着在皮肤上,呈变黄的状态。和黄疸不一样,眼白部分不会变黄。

《专家门诊:桔子吃多了会得病吗?》

尿や便の色が黄色いのも、ビリルビンと関係している。
尿便的颜色是黄色也和胆红素有关。
ビリルビンは,赤血球に含まれる赤い色素のヘモグロビンが分解されて作られたものです。ビリルビンは肝臓でクルクロン酸という物質と結合することで水に溶けやすくなり、胆汁の成分として腸に排泄されます。
胆红素是红血球中含有的红色色素——血色素分解所产生的。在肝脏里,胆红素和克尔糖醛酸这种物质相结合,变得易溶于水,并作为胆汁的成分排泄到大肠。
さらに腸内細菌の作用でウロビリノーゲンという物質に分解され、一部は腸で再吸収されて血液中を流れ、腎臓で尿に排泄されます。
接着在肠内细菌的作用下,分解出胆红素尿这种物质,一部分被肠子再次吸收流到血液里,通过胃和脾脏,由排尿排出。
便や尿の色が黄色いのは、このウロビリノーゲンが変化した物質が含まれるからです。
尿便颜色是黄色就是因为含有胆红素尿变化后的物质。
黄疸の原因によって、増加するビリルビンの種類が異なる。
根据黄疸的原因不同,增加的胆红素种类不同。
血液検査で測定されるビリルビンには「総ビリルビン」「直接ビリルビン」「間接ビリルビン」の3つがあり、肝細胞での処理が終わったビリルビンが「直接ビリルビン」、肝細胞に取り込まれる前のビリルビンが「間接ビリルビン」、これらの合計が「総ビリルビン」です。
在血液检查中,测定的胆红素分为“总胆红素”“直接胆红素”“间接胆红素”3种,在肝细胞处处理结束后的胆红素是“直接胆红素”、进入肝细胞前的胆红素是“间接胆红素”,两者的合计是“总胆红素”。
総ビリルビンの正常値は0.2~1.2mg/dl程度ですが、だいたい3mg/dlを超えると黄疸の症状が現れてきます。
总胆红素的正常值是0.2~1.2mg/dl左右,基本上超过3mg/dl的话,黄疸的症状就会有所表现。
総ビリルビンが増加していて、しかも間接ビリルビンの割合が高くなっている場合は、赤血球が異常に破壊されてしまう「溶血性貧血」が主な原因です。
总胆红素增加,而且间接胆红素的比例变高的场合,红血球被异常破坏的“溶血性贫血”是主要原因。
また、体質的黄疸の一つである「Gilbert(ジルベール)症候群」も間接ビリルビン高値を示します。日本人に比較的多く、健診などで偶然発見されることがありますが、肝機能は正常なことが多く、特別な治療は必要としません。
另外,体质性黄疸之一“Gilbert症候群”也是间接胆红素占比高。日本人中比较多的是在体检时偶然发现(有问题),但一般肝功能正常,所以不需要特别的治疗。
総ビリルビンが増加していて、直接ビリルビンの割合が高くなっている場合の黄疸は、胆汁の流れが悪くなって起こるものです。
总胆红素增加,直接胆红素的比例变高的场合,这种类型的黄疸是由胆汁流动不顺畅引起的。
胆汁の流れが悪くなる原因としては、肝炎・肝硬変や薬剤性肝障害などのように肝臓自体の機能低下により、肝細胞からの胆汁の排泄に障害が生じる場合(肝内胆汁うっ滞)と、結石や腫瘍などが原因で胆管が狭くなって黄疸をきたす場合(閉塞性黄疸)があり、後者の場合は外科的治療が必要です。
胆汁流动不畅的原因较多,有肝炎、肝硬化或药物性肝损伤等,肝脏本身的功能低下引起的胆汁从肝细胞排出发生障碍的情况(肝内留有胆汁),以及结石或肿瘤等引起的胆管变窄导致黄疸发生的情况(闭塞性黄疸),后者有必要进行外科治疗。
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。