去日本,上日本邦

さんvsちゃん:恋爱从昵称开始

いつまでも「さん付け」で呼ばれるのは、その気ナシ?
不管什么时候都在名字后面加上“さん”,不觉得有点别扭吗?
名前の呼び方は、恋愛においても、『心の距離』を測る1つの指針。知り合ったばかりの頃は「名字+さん付け」、少し親しくなってくると「名前+ちゃん(君)」、恋人になれば、2人だけの呼び名などに変わっていったりするものですね。こちらは仲良くなったつもりなのに、相手がいつまでも「さん付け」などの“かしこまった感じ”だと不安になる、という人もいますし、逆に「すぐになれなれしい呼び方をしてくる異性は嫌い、不快」と主張する人もいます。今回は、そんな『相手の呼び方』に潜む心理についてです。
人名的叫法,在恋爱中也是双方“心理距离”的一大指标。刚认识的时候一般在对方名字后面加上“さん”,稍微熟悉一点了之后,开始在对方名字后面加上“酱(ちゃん)”或者“君”,当成为恋人的时候,就开始使用两个人专属的称呼了。也有人虽然很想跟对方缩短距离,但是对方无论何时都在自己姓名后加上“さん”,给人一种不安的敬畏感。反过来,也有人觉得如果某个异性刚认识自己就用很亲密的称呼,心里会觉得很讨厌。这次就这种隐藏在“称呼对方的方式”中的心理做一番探讨。
相手によって使い分けられるのがベスト!
最好根据对象的不同而区分称呼!
本来、名前の呼び方は、「親しさの度合い」によって、適宜(てきぎ)使い分けられる、というのが理想です。知り合ってすぐの頃は、礼儀を損ねない呼び方で、お互いに仲良くなってきたと感じる頃になれば、親しい呼び方に変えることもできる。相手によっても使い分けをし、無礼すぎず、他人行儀すぎない距離を保つ……ということで、呼び方の使い分けができる人は、他人との距離の取り方が上手な人なのですね。
原本,对于名字的叫法,最理想的方式是根据双方的亲密度来进行恰当地区分。刚认识的时候,为了不失礼仪需要使用比较尊敬的称呼,感觉到双方关系有了进展之后,就可以改用比较亲密的称呼了。根据对象的不同而区分称呼方式,不要过分失礼,保持双方的安全距离……因此,对于称呼的区分非常得心应手的人,在跟他人保持安全距离这一方面也必然如鱼得水。
こうしたタイプの異性が、長らく親しい呼び方をしてくれない場合は、こちらに脈がなく、あえて距離を保とうとしているか、もしくは、こちらが心に壁を作っていて近寄りがたいと思われているか、どちらかという可能性が高いでしょう。気になる異性の気持ちを計りかねるときは、どんなふうに周囲を呼んでいるか、他人との距離の取り方が上手なタイプかを観察してみるのも、1つのヒントになるかもしれません。
这种类型的异性,如果很长一段时间都不用亲密的方式称呼自己,大概是对你没有意思,刻意保持距离,或者是认为你过于高冷,很难相处,这两种可能性很高。想知道意中人对自己的看法的话,就要注意观察他平时是如何称呼别人,又是如何与人保持距离的。
《さんvsちゃん:恋爱从昵称开始》
点赞

发表评论

邮箱地址不会被公开。