去日本,上日本邦

政府急:日本挖番薯相亲活动引关注

日本では近年、「草食系男子」などが増え、「恋愛の生態系」が大きく崩れている。そこで、最近二、三年の間に、各都市や村、政府や民間機関などが、さまざまなお見合いイベントを企画し、若い男女の婚活をサポートしている。そして、自衛官との出会いを応援する自衛隊婚活パーティーや、僧侶とのお見合い「坊コン」、地主のお見合いなどがテレビや新聞で紹介されている。その他、明治大学は、「婚活」の前提として必要な「結婚能力」の育成をする授業「婚育」を開設している。環球時報が報じた。
环球时报报道:日本近年来,因为“草食系男子”增加,“恋爱生态”大大崩坏。因此,最近两三年,各市、村、政府、民间机构做了各种各样的相亲活动企划提供给年轻男女。所以,组织和自卫官相亲的自卫队相亲party、和僧侣相亲的“僧侣联谊”、和地主的相亲等情况都有在电视或新闻中介绍。甚至,明治大学开设了以“相亲活动”为前提,教授学生们养成必要的“结婚能力”的课程——“婚育课”。
日本で今話題になっているのは「イモ掘り婚活」。日本人からすると、イモ掘りでの合コンにはさまざまなメリットがある。例えば、農作業をするため、動きやすいシンプルな服装をしなければならないため、男女共に勝負服に特に気を使う必要はない。また、話題がなく、シーンとしてしまうことを心配する必要もない。そして、男女が協力して作業をすると、二人の相性もすぐに分かる。その他、お目当ての人が見つからなかったとしても、掘りたてのイモを持って帰ることができるため、「手ぶら」で帰る必要もない。日本には、たけのこ掘り婚活やイチゴ狩り婚活、ダイコン掘り婚活などもある。
在日本,现在成为话题的是“挖番薯相亲活动”。日本人认为挖番薯联谊有各种好处。比如,为了田间劳动,一定要穿易动的便服,所以男女生没必要操心胜负服装。也不必担心因为没有话题而变得沉默的气氛。而且,男女合作进行农活能马上看出两个人到底合不合得来。其他方面的话,即使找不到中意人,也能够把挖出的番薯带回家,不会两手空空没有收获。在日本,还有采蘑菇相亲活动、摘草莓相亲活动、挖萝卜相亲活动等。

《政府急:日本挖番薯相亲活动引关注》

点赞

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。