去日本,上日本邦

日本名作家谈:哪类人适合做小说家

《日本名作家谈:哪类人适合做小说家》

こんな人は小説家に向いている
这样的人适合当小说家
「上下関係を苦痛に感じてしまう人」【保坂和志】
“在等级关系中感受到痛苦的人” 【保坂和志】
「自分ならもっと凄い小説を書いてみせるとはりきって筆を取るような、そんなタイプ」【丸山健二】
“如果是自己的话,肯定能写出更好的小说,然后就唰唰唰开始动笔,这种类型的人比较适合。”【丸山健二】
「形にこだわるのが嫌いで、決められたレールの上を行くことに嫌悪感を抱き、力の強いものに従うことを嫌う人」【丸山健二】
“讨厌被拘泥于形式,厌恶走在别人决定的轨道上,也讨厌服从于拥有强大权势的人。”【丸山健二】
「会社で成功しない人が小説家として成功する」【森村誠一】
“在社会上不成功的人才可能在小说家的道路上成功。”【森村诚一】
逆に、こんな人は向いてない
相反,这样的人不适合做小说家
「つらいとか、苦しいとか、これがすごいとかでやっているうちは、まだ僕はアマチュアじゃないかと思うんです。淡々とやるんですよ」【村上龍】
“在尝试的过程中,觉得艰辛、痛苦,或是觉得这件事情很厉害的同时,又觉得自己只不过是一个业余爱好者而已。什么事情都不求甚解的人。”【村上龙】
「酒にすがってしか生きてゆけないほど繊細な神経の持ち主はそれなりの作品は書けるが、それを超える作品は絶対に無理」【丸山健二】
“拥有不依靠酒精就活不下去这般纤细的神经的人会写出相应纤细的作品,但是借酒精写出的作品绝对不是好的小说。”【丸山健二】
「薬物やアルコールは確実に脳細胞を死滅させるので、酒飲みは小説家にむいてないとのこと。」【丸山健二】
“药物和酒精确实会加快脑细胞的死亡,所以喝酒是不适合小说家去染指的习惯。”【丸山健二】
「同業者の作家を崇拝するような人はプロには向いていない」【石田衣良】
“崇拜着同业界的作家的人不适合做专业作家。”【石田衣良】
「ファンライターみたいな感じで誰かの真似で書いちゃう人はいるけど、そういう人はうまくないし消えちゃう」【石田衣良】
“如同粉丝来信一般,有些人在模仿着别人写作,这样的人常常很难发展顺利,会渐渐在业界消失。”【石田衣良】
小説家からの手厳しいアドバイス
来自于小说家严厉的教导
「若くして作家デビューする人は、サラリーマンの話とかを書けないんです。」【石田衣良】
“很年轻就出道的人,不要去写工薪族的故事。”【石田衣良】
「小説家は日本に100万人いなきゃいけない職業じゃないから、”書けばいい”という答えでいいわけですよ」【村上龍】
“在日本,小说家并不是必须要有个百万人存在的职业,所以抱着‘写出来就好’的想法是可以不行的。”【村上龙】
「小説を書く前の、何もやっていない自分を信じてはいけない」【保坂和志】
“在写小说之前,必须要相信这个看起来一无所成的自己。”【保坂和志】
「よく、作家になるためには、読んでくれる友だちが最低三人必要というが、その友だちは書いたことがない人だから、書いてる自分しか信用できないと思う」【保坂和志】
“常常有人说,想要成为作家,最少要有3位会读自己作品的好友,不过我认为这些好友都是不会写小说的人,所以也只能相信会些小说的自己。”【保坂和志】
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。