去日本,上日本邦

为什么猫咪喜欢高处和隐蔽处?

《为什么猫咪喜欢高处和隐蔽处?》

猫が高いところや狭いところが好きな理由を獣医師に教えてもらった!2月22日は猫の日である。猫の鳴き声である「ニャンニャンニャン」の語呂合わせから、1986年に猫の日制定委員会が制定したという。ところで猫というとよく塀の上にぴょんと乗っかって休んだり、トコトコと歩いていたりする姿を目にしないだろうか? かと思いきや、小さい段ボールの中や洗濯機といった狭い場所にいるところもよく目にする。果たして猫が高いところと狭いところが好きなのは、どういう理由からなのだろう……? 今回はそうした猫の行動の謎について迫ってみたい。
在日本,二月二十二日是猫的节日。由于猫的叫声是“喵喵喵”,为了配合猫的叫声的语感,(注:日语中数字二的读音和猫的叫声很像),猫日制定委员会于1986年将二月二十二日定为猫节。说起猫,是不是经常看到猫咪轻巧地爬上围墙睡觉,或者是在围墙上小碎步走来走去的样子呢?何曾想其实也经常看到猫咪躲在小小的纸盒箱里或者洗衣机这种狭窄的地方。说到底,猫喜欢高处和狭窄的地方,这其中究竟是由什么原因导致的呢……?这次我们来试着解开猫的行动之谜。
■謎のヒミツは猫の本能にアリ!?
■秘密在于猫的本能!?
「現在よく言われている説は、高いところや狭いところが好きというのは、どちらも野生時代の本能に由来する、というものです。木の上など高いところは見晴らしが良く、外敵から襲われにくく、かつ獲物を見つけやすいという利点があります。人間などからすると高いところは危険なイメージがありますが、平衡感覚に優れている猫にとっては、高い場所はリスクよりもメリットが大きい場所、ということになるのだと思います」(沖田先生)
“现在接受度最高的一种说法是,猫喜欢待在高处或狭窄的地方,都是来源于野生时代的本能。站在树这种高处,外敌很难侵袭,而且有利于发现猎物。从人类的角度讲,高处的地方总给人一种危险的印象,但是对于平衡感优越的猫来讲,高处的场所优势要大于劣势。所以猫才会喜欢高处吧。”
なるほど、そう考えると合点が行く。実際、高い塀にピョンと乗っかって、猫がキョロキョロと辺りを見渡す光景はよく目にすることがある。
原来如此,这样理解完全说得通。实际上,经常看到猫咪轻轻地爬上围墙,然后东张西望,眺望周围的景色。
車酔いする犬はいても、車酔いする猫はいないとのこと。それだけ猫の平衡感覚が優れている、ということだろう。では、一方で狭いところが好きという理由についてはどうだろうか?
即使有晕车的狗也不会有晕车的猫。这就是猫的平衡感优越的地方吧。接下来,另一方面,对于猫喜欢狭窄的地方,这又是什么原因呢?
「狭いところは、一度手にした獲物を他者に奪われないための安全スペースと考えられています。狭い場所に身を伏せ、穴(外)に顔を向け、敵が来ないか観察をしながら、かついつでも逃げられるように、その他の死角は狭い空間の壁に守らせ、安心を得ると言われています」(沖田先生)
“狭窄的地方被认为是,为了不让他人和自己抢夺猎物,在一个自己一手就能抓得到猎物的安全空间里。在狭窄的地方伏下身子,脸朝向外侧,一边观察是否有敌人入侵,还一边不时做好逃跑的准备,其他的死角就让这狭窄空间的墙壁来守护,据说这样可以使猫安心。”
■厳しい自然界を生き抜くために……
■为了在残酷的自然界存活下去……
「猫は本来単独で、獲物を待ち伏せて狩りをする捕食動物です。しかし、大型肉食獣から狙われる被捕食動物、つまり獲物にもなるわけです。大型の肉食獣から身を守り、周りが見渡せることで安全を確保し、また獲物を待ち伏せするために高いところにいるのが好きなのでしょう。待ち伏せ型の狩りをするため、何か物陰に隠れるのも好きなようです」(千田先生)
“猫本来就是单独埋伏,捕获猎物的捕食动物。但是,也会成为大型肉食动物眼中的被捕食者,也就是可能成为别人的猎物。为了在大型肉食动物面前保护自身,在能看得到周边的地方确保自身安全,同时还要埋伏猎物,这也许就是猫喜欢待在高处的原因吧。为了确保埋伏狩猎,这也是喜欢藏在隐蔽处的原因吧。”
猫が高いところ、狭いところが好きな理由は、猫の本能が大きく関係しているのだ。
猫喜欢高处和狭窄的地方,这和猫的本能有很大关系。
なかにはこうした猫の言動に困っている飼い主もいるかもしれない。だが、猫のこうした本能を押さえておくと、何か解決の糸口が見えてくるのではないか。
可能也有饲养主人对猫的这种行为感到困扰。但是,一旦抑制了猫的这种天性本能,还能看见解决问题的头绪吗
専門家の意見は上記だったが、皆さんの意見はどうだろう?
以上就是专家的意见,那么大家有什么想法呢?
点赞

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。