去日本,上日本邦

頑張れ:鼓励他人为何反被人厌?

《頑張れ:鼓励他人为何反被人厌?》

人を応援するとき、何て言いますか?
想要支持一个人的时候,你会说什么呢?
「頑張って!」
“加油!”
ぱっと思いつくのはこの言葉でしょうか?
一下子涌到脑海中的是这个词吧?
東日本大震災で被災された方々からも「頑張ってという言葉が辛かった」という声が出ていたのは記憶に新しいところ。
不过,东日本大震灾的时候,听到受灾者说“因为大家的‘加油’声感到痛苦”,令人记忆犹新。
「頑張れ」は、気持ちはうれしいけど、負担になることもあります。
“加油”这个词,有这份心情令人高兴,但同时也会变成负担。
自分では頑張ってるのに、頑張ってって更に言われると頑張ってるように見えないのかなって落ち込みますけどね。
自己明明正在努力,还被变本加厉地说“加油”,那自己努力的部分岂不是没有被看到,会陷入低落情绪中。
普通の人なら有効だけれど、少なくとも知らん次元の人には言わん、頑張れと言われすぎてたり、「頑張ってるわっ!」 って思う人もいるし、そもそも頑張れ言われるという行為自体にストレス感じる人もいる。
这句话对普通的人是有效的,至少不要对摸不清情况的人说这话。当过分被鼓励时,也有人觉得“我正在努力啊!”,说到底也有人被说了“加油”后,因为这个行为本身而感受到压力的。

《頑張れ:鼓励他人为何反被人厌?》

結局、「言われる側」の問題らしいけど。。。
结果,可能还是“被说的一方”的问题。
つまり、頑張って!って言われるような状態に陥ってる人。
也就是说,是陷入了需要被说“加油!”这种境遇的人。
ショックな出来事があった直後は、ダメージが大きい為、かけられる言葉にも敏感に反応しがちです。
本人由于受到震惊之后的心理阴影面积太大,所以对被说的语言也容易产生敏感的反应。
「無責任な発言に聞こえる」「わかったような事を言われるのに不快感を感じる」というのも、受けて側の精神状態によるところが大きいもの。
“听起来像是不负责任的言论”“自己明明知道的事情被别人说出来有一种不快感”等,根据接受鼓励一方的精神状态,效果也相差甚远。
うつ病の人が言われると辛い言葉、とも言われてる。
会令抑郁症患者感到艰辛
うつ病の患者さんに言っては行けない禁句の言葉は「頑張れ」。
千万不能对抑郁症患者说的禁句便是“加油”。
うつを軽く見るような発言は相手の病状に無頓着あるいは無責任な発言になり、「自分の事を全然分かっていない!」といった気持ちにさせやすいものです。
这种轻视抑郁症的发言,显得对对方病状的不在乎或是说话毫无责任,容易令对方觉得“对自己的事情完全不懂!”。
担任の先生が外国人に 「○○、人間そんなに頑張れないヨ〜」 と言われたことがあるらしい。頑張れ!ってみんな気軽に使うけど、日本人特有なのかもね。
我们班主任曾经被外国人说“○○,人可以不用那么拼的”。本以为加油这个词大家都随随便便在使用,说不定只是日本特有的产物。
今後、「頑張れ」は使わない方が無難
今后,还是不要使用“頑張れ”这个词比较好?
頑張っている人には「無理しないで」といった肩の力が抜けるような言葉、仕事などで苦しい場面から立ち直った時には「逆にいい機会だったかも知れないね」といった言葉が救いになるかも。
对于正在努力的人说“不要勉强自己哦”这样可以使其放下负担的话语,当面临事业上的瓶颈准备重新振作起来的时候,一句“塞翁失马焉知非福”说不定能够成为拯救对方的话语。
「がんばってるね」、と一文字だけ言葉を置き換えるだけで、その意味合いがまったく違ってくる。
“正在好好努力着啊”只是一个文字的差距,它的意义就全然不同了。
似たような言葉に、「応援してるよ」、「見守ってるね」、などの言葉があります。
与此类似的语言还有“我会支持你的哦”“我会守护着你的”等。
ちょっと言葉を選ぶだけで、相手を傷つけずにすむかもしれませんね。
仅仅稍微选择了下说话方式,或许就能避免伤害对方。
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。