去日本,上日本邦

解密日本昭和时广泛存在的“女中”

《解密日本昭和时广泛存在的“女中”》

女中、と言われてもピンと来ない方も多いと思われますが、近年公開された映画「小さいおうち」の主人公の設定は女中でした。女中の目線からその家の主について、物語は進んで行くのですが、その劇中に当時の女中の生活ぶりや仕事内容なども細かく描写されており、今回の記事をまとめるにあたり参考にさせて頂いた部分も多いです。
说到女中,会有很多人一下子不明白,近年公开的电影《小小的家》中主人公的设定便是女中。以女中的视角来看家中的主人,从而推动故事情节发展,剧中当时女中的生活状态和工作内容被详细刻画,为我这次总结提供了许多参考。
でしゃばらず、話しかけられてもうつむき、返事も十分にできない。やや卑屈に見えもするし、言語コミュニケーションが一方通行になってしまっている様子は、別の生き物に見えてしまえなくもありません。
不多嘴,被搭话也只是低着头,不能很好地回应。稍有些卑躬屈膝,语言交流只是单方面传达,看起来完全像别的物种一般。
主に昭和の時代に多く存在したと言われている、女中。現代でも旅館や料理屋などで雇われている女性を女中と言いますが、今回は一般家庭で雇われていた女中を中心にまとめてみたいと思います。仕事内容はいわゆる家政婦さんとほぼ同じで、雇われた先の家庭の炊事や掃除など、様々な用事を引き受けるのが一般的でした。また、イギリスで多く見られたメイドも女中と同じ扱いになるそうです。
女中,主要多存在于昭和时代。虽然现代也把旅馆、饭店等雇佣的女性称为女中,但这次想以普通家庭雇佣的女中为代表总结一下。她们工作的内容和家政妇大体一致,一般在雇主家负责煮饭、打扫等各种各样的事情。另外,在英国常见的女仆也和女中大体相同。

女中的解释:

①家庭や旅館・料理屋などに雇われて,炊事・掃除その他の用をする女性を言った語。お手伝いさん。
②宮中や将軍家・大名家などに仕えている女性。 「御殿-」
③女性に対する敬称。 「これ備前岡山の-さま/浮世草子・織留4」
1、 指家庭、旅馆、饭店等雇佣来的,负责煮饭、打扫的女性。保姆。
2、 “御殿女中”:侍奉于皇宫、将军府,大名家的女性。
3、 “これ備前岡山の女中さま”摘自《浮世草子・织留4》:对女性的尊称。
女中奉公は、明治の中頃までは口減らしのためだけのものではなかった。江戸時代の娘たちはそれぞれの身分に応じ、上の階層の家に奉公に上がったが、武家や、裕福な商家・農家では、娘を女中奉公にだすのは花嫁修業の一環だった。
从事女中的工作,在明治中期之前不仅仅是为了减轻家庭负担。江户时代的姑娘们根据自己的身份服侍上层阶级的家庭,这对于武士、富裕的商家、农家女来说,是新娘修行的一部分。
女中の1日
女中的一天
戦前までは、とくに裕福なわけではない中流家庭でも、女中を置いていることはめずらしくありませんでした。当時の日本家屋は開放的で塵埃が入りこみやすかったため手入れの手間がかかり、衣類も食事も寝具もすべて家庭で手作り。裁縫ひとつとっても夏のあいだにいったん着物を解いて洗い張りをし、冬にかけて仕立て直したり、繕いものをしたりと、一年がかりで常に作業をしなくてはならならず、洗濯物はたらいと洗濯板を使っての手洗い。現代に比べて家族の人数も多かったので、主婦ひとりですべての家事をこなすのは難しかったのです。
直至战前,即使在非富裕的中等家庭中安置有女中也没什么可惊讶的。当时日本的房子是开放式的,尘土很容易进入,所以要经常花功夫打扫,衣服、食物、寝具都是家里做的。一针一线缝制的衣服,夏天拆洗,冬天再翻新,一年到头都需要经常缝缝补补,洗衣服用盆和搓衣板手洗。和现代相比家庭成员多,主妇一个人完成所有的家务是非常困难的。
いわゆる家政婦の仕事と同じく、その家の事をすべて引き受けるのは当たり前の事だったようです。当時は家電も充実していませんので、ひとつの家事をこなすにもかなり時間がかかった事でしょう。また、その家庭にお子さんがいた場合は子守から学校への送り迎え、病院への付き添い、習い事への送り届けなどさらに用事が増えていたみたいです。
也就是说和家政妇的工作一样,理所当然要负责家里所有的事。当时家电还没那么多,完成一件家务需要花费很多时间。家里有孩子的话,孩子上下学的接送,住院的陪同,学习书籍的送达等事情将变得更加多。
掃除、洗濯、御飯炊き……あらゆる家事を電気の力を借りずにこなさなくてはならかった時代は、たとえ核家族でも一日の家事は重労働だったから、中流以上の家庭なら、女中を置くのはごく普通のことだった。
打扫、洗衣、煮饭在不借助家电完成各种各样的家务的时代,即使是夫妇和未婚子女组成的小家庭,一天的家务量也是重体力劳动,因此中等以上的家庭中安置女中是很普遍的现象。
主に台所が仕事場
厨房是主要工作地点
女中さんの多くは一日の大半を台所まわりで過ごす事が多かったようです。家族の為の食事を作るのはもちろん、その他の作業も台所で行う事がほとんどだったそう。
また、来客の相手や準備などもする為、女中の部屋は台所や玄関に通じる場所に置かれています。
大部分女中一天绝大多数时间都在厨房度过,为了家庭做饭当然不用说,其他事情也几乎在厨房进行。为了接待客人和准备其他事情,女中的房间设在连通厨房和玄关的地方。
「戦前の中流家庭の家の典型的なパターン」と語る間取りは、中島京子の原作に添ってつくられた。中でも特徴的なのは、黒木華演じる女中・タキの部屋。「当時のいろんな新興住宅の本を探していたら、女中部屋は実際あったんです。2畳と狭く、寝るだけの部屋ですがね」。実際のタキの生活を考えて、お客が来る玄関と作業の多い台所に通じる場所に配置。
被称为“战前中等家庭典型样式” 的房间布局,出现在中岛京子的原作里。其中独特的地方是黑木华扮演的女中多喜的房间。“搜索当时众多关于新兴住宅的书,女中房间是真实存在的。两张榻榻米,很窄,是仅供睡觉的房间”。考虑到多喜实际的生活,房间安排在连通接待客人的玄关和工作较多的厨房处。

《解密日本昭和时广泛存在的“女中”》

御用聞きと仲良くなるのも仕事のうちだった
和推销员处理好关系也是工作的一部分
戦争中は食料が手に入りにくかった為、常日頃から御用聞きと良い関係を築いておくのも良い女中のコツのひとつだったそうです。例えば、物が売れなくて困っている御用聞きから助けてあげるつもりで多めに物を買っておけば、食料が出回らない時期でも優先的に物を回してくれたりなど…。家事だけではなく、外回りとのお付き合いや遣り繰りも仕事のうちだったのですね。
因为战争的关系食物很难入手,平日里和推销员保持良好的关系也是成为好女中的窍门之一。例如,帮助那些因为卖不出去东西而苦恼的推销员,买了他们的很多东西,那么到了食物还没上市的时候他们就会优先把食物给你等等。不仅仅是家务,与周围的人际交往和安排家计也是工作的一部分。
奥様の命令には絶対
绝对听从夫人的命令
基本的に女中は奥様の命令にまずは従う、というのが原則だったみたいです。奥様を通り越して旦那様の命令を聞いてしまうと、奥様の顔を潰す事になってしまうんだそう。また、直接旦那様とやり取りをしてしまうと、奥様の知らないところでいい仲になってしまう恐れもある為、お暇を出されない為にも賢い女中は必ず奥様にまずは仕える事を心がけていました。
基本上女中首先要听从夫人的命令,这是原则。越过夫人听从老爷的命令,可是会让夫人丢脸的哦。直接和老爷交谈的话,有可能在夫人不知道的情况下和老爷关系变好,为了不被辞退,聪明的女中一定要谨记先服侍夫人。
まだ少女の時代から女中として働き始めた場合、のちの奥様とは長年の付き合いとなります。その嫁ぎ先に女中がついて行く事も珍しくなく、家族以上の絆を育む事も。また、奥様の方でも女中の身を案じて、結婚の世話までする事も珍しくなかったそうです。
少女时代就作为女中开始工作,之后便会和夫人有着长年的交情。女中陪嫁,两人建立起超越家族的情感,一点不稀奇。据说还有夫人担心记挂女中,甚至给女中介绍结婚对象的。
女中にとって必要なものとは?
对于女中来说,必要的是?
女中にとって必要な要素とは一体なんでしょうか?家事全般を任せられるのですから、家事スキルは当然です。掃除や炊事の手際のよさはもちろんの事、奉公先のご家族や出入り業者、近所の方とのコミュニケーションをはかる人付き合いのスキルも必要となってきます。ですが、小さいおうちの原作にはこう書かれていました。それは、「ある種の頭の良さ」です。わかりやすく言うと、頭の回転というか機転がきくというか、空気が読めるというか…。
那么对于女中来说,必须具备的到底是什么呢?家务要全部包办,家务能力是理所当然的。擅长打扫、做饭,在雇佣的家庭和家族成员、进出的商人、附近的人沟通上的人际交往的技巧也是必须的。因此小小的家的原作里这样写道,那就是“聪明”。便于理解地说,就是脑子转得快,懂得察言观色。
点赞

发表评论

邮箱地址不会被公开。