去日本,上日本邦

美国诞生的坐便器怎么在日本就红了?

日本社会ではすっかり浸透したと言える温水洗浄便座だが、その誕生の地は実は日本ではなく、米国だ。温水洗浄便座は意外なことに米国ではそれほど普及していない。中国メディアの365建材網はこのほど、日本でますます温水洗浄便座の知能化が進む理由について分析する記事を掲載した。
已经完全渗入日本社会的温水洗净坐便器,但是它的诞生地其实不在日本而是在美国。不过意外的是,温水洗净坐便器在美国并没有很普及。中国媒体365建材网最近刊登了一篇文章,分析了温水洗净坐便器在日本越来越智能的理由。

《美国诞生的坐便器怎么在日本就红了?》

洗浄便座は米国人が医療用のために開発したものだ。記事は、開発者の米国人は特許も取得し、事業を興したことを紹介する一方、売れたのは45年間で20万台にとどまっていることを伝えている。TOTOの温水洗浄便座「ウォシュレット」が35年間で4000万台を販売していることを考えると、圧倒的な開きがあると言える。
洗净坐便器是美国人为了在医疗方面使用而开发的。据文章介绍,开发者的美国人取得了专利,并发展了事业,但售卖(坐便器)的45年时间内只卖出了20万台。TOTO的温水洗净坐便器“Washlet”在35年的时间内卖出了4000万台,这简直是压倒性的差距。
では、なぜ洗浄便座誕生の地である米国では温水洗浄便座が普及しないのだろう。その主要な原因について記事は「宣伝のしにくさ」を挙げている。メディアで温水洗浄便座を宣伝するのは米国人にとって「下品」なことだと指摘。対照的に日本は比較的自由に宣伝可能で、「おしりだって洗ってほしい」のCMが過去話題になり、洗浄便座の存在が広く知れ渡るきっかけとなったと伝えた。
那么,为什么在洗净坐便器的诞生地美国反倒不能普及呢?关于这个,其主要的原因是“宣传不完备”。美国媒体认为宣传温水坐便器是“不雅”的行为。相对的,在日本可以比较自由的宣传,“PP也想洗一洗”的广告曾经成为话题,也成为了更多人知道洗净坐便器的契机。
また記事は、日本で温水洗浄便座が広く普及し、進化が続けられる理由について、「世界の多くの国ではトイレは汚い場所という認識がある」と指摘しつつ、日本はトイレに対する概念は真逆だと指摘。
而且文章指出,温水洗净坐便器在日本广为普及、持续进化的理由是,“世界中很多国家认为厕所是一个很脏的地方”,而日本对于厕所的理解和那些国家完全相反。
さらに、日本人は万物に神が宿ると考えており、トイレにも神がいると考えているとしたうえで、「お手洗い」という言葉に敬語の接頭語である「お(御)」がついていることからも、それが分かると論じた。トイレに対する概念の違いが、米国で生まれた温水洗浄便座が日本で進化を続けている理由と伝えている。
还有,日本人认为万物都有神灵寄宿于中,厕所里也有神灵。因此“お手洗い(厕所)”这个词语中有表达敬语的接头语“お(御)”。厕所概念的不同是让美国诞生的温水洗净坐便器在日本持续进化的理由。
米国では日本のように洗浄便座が普及していないが、ハリウッドスターたちが日本の温水洗浄便座を非常に気に入っているという報道もあり、一度使えばその利便性や快適さを理解できるであろうことは明白だ。
虽然在美国洗净坐便器不像在日本那么普及,但是也有报道指出好莱坞明星们都很中意日本的温水洗净坐便器,使用过一次之后就能够理解它的方便性和舒适性了吧。
点赞

发表评论

邮箱地址不会被公开。