去日本,上日本邦

中国这些行业加班次数最多?

“每周加班五个小时以上”的白领占三成  IT行业加班次数最多

「オフィスでは連日、会議をしているかPCの前に座っているかのいずれか。退勤時間を過ぎても、上司の一言があれば、残業しなければならない」--。これは、ホワイトカラーにとって避けられない運命だ。人材紹介サイト・智聯招聘はこのほど、「2015年ホワイトカラー仕事のQOLに関する調査研究報告書」を発表した。これによると、ホワイトカラーは勤務中、かなり大きな圧力を抱えている。彼らのうち、「勤務時間中は全く運動をする時間がない」人は50%を上回り、「毎週5時間以上残業している」人は3分の1を占めた。就労環境に対して満足しているホワイトカラーの割合はわずか2割で、1980年代生まれと1990年代生まれの仕事に対する満足度は、全体的に他の年代より低かった。北京日報が報じた。
“在办公室,连续几日开会或坐在电脑前,无论哪一种,就算过了下班时间,只要上司说句话,就必须要加班。”——这是白领无法避免的命运。人才推荐网站·智联招聘此次发表了《2015年度关于白领工作QOL的调研报告》,据报告显示,白领在上班时带有相当之大的压力。其中,上班时间完全没有运动时间的人数上涨了50%,每周要加班5个小时以上的人占了1/3。对于自己的就业环境满意的白领比例仅有两成,1980年代与1990年代的人对于工作的满足度,整体上低于其他年代的人。北京日报报道。

《中国这些行业加班次数最多?》

〇勤務時間の半分以上を会議に費やす管理職
〇上班时间一半以上用于开会的管理职位
会議と残業ばかりが続き、ほとんど動くことがないため、大きな圧力を受けるホワイトカラーは非常に多い。彼らが毎日会議に出る時間は、企業によってかなり差がある。1日に会議に出る時間は、国有企業職員が平均1.48時間で、私営・民営企業は1.15時間だった。
由于连续的会议加班,几乎没有运动,因此非常之多的白领承受着巨大压力。他们每天出席会议的时间,根据企业的不同存在着很大的差别。国有企业员工一天内出席会议的时间平均为1.48个小时,私营·民营企业则为1.15个小时。
職位が高くなるほど、1日のうちで会議に費やす時間が長くなる。上級管理職が会議に出る時間は1日平均4.05時間で、通常の勤務時間8時間のほぼ半分に相当する。シニア専門職や中間管理職が会議に出る時間は1日平均1.57時間、一般職員は最も少なく1.12時間だった。
所处的职位越高,则一天内用于开会的时间就会越长。高层管理职出席会议的时间一天平均为4.05个小时,相当于正常上班时间——8个小时的的一半。资质老的专职人员或普通管理职出席会议的时间一天平均为1.57个小时,普通职员的话最少也要1.12个小时。
頻繁に開かれる会議は、明らかにホワイトカラーの心理面に影響を及ぼしている。彼らのうち、「ほとんどの会議は中身がなく、時間の浪費に過ぎない」と考えている人は3分の1を占め、「会議の主な内容は、指導層への報告のみ」とした人は32.3%、「会議は仕事上の円滑な意思疎通のために必要」と考える人は27.8%にとどまった。このほか、6.4%の人が、「会議に参加することで、ブレーンストーミングによる効果が得られ、インスピレーションが湧く」との見解を示した。
频繁召开会议显然会影响到白领的心理。其中,认为“绝大多数会议没有意义,只不过是浪费时间”的人占了1/3,认为“会议的主要内容只是向领导汇报工作”的人占32.3%,而认为“为了工作意见能够顺利互通,有必要开会”的人只有27.8%。另外,有6.4%的人表示:“通过参加会议,会有集思广益的效果,我从中涌现出灵感。”
〇残業最多はインターネット業界
〇IT行业加班次数最多
残業が最も過酷なのはどの業界だろう?智聯招聘の調査によると、IT/通信/電子/インターネット関連業のホワイトカラーの残業時間は週あたり平均9.3時間に達した。これは、1日約2時間残業している計算になる。これに続いたのは、不動産/建築業で、残業時間は週あたり平均7.1時間。交通/運送/物流/倉庫業は週あたり平均6.8時間。残業時間が比較的短いのは、貿易/卸売/小売業で、週あたり平均3時間だった。
到底什么行业的加班情况最为严重呢?根据智联招聘的调查,IT/通信/电子/网络相关行业的白领加班时间平均每周达到9.3个小时,平均每天加班2小时。房产和建筑业紧随其后,每周的平均加班时间为7.1个小时。交通/运输/物流/仓库行业的每周平均加班时间为6.8个小时。加班时间较短的有贸易/批发/零售行业,每周平均加班时间约为3小时。
報告によると、2015年、就労環境に対するホワイトカラーの満足度指数は、5ポイント満点でわずか2.59ポイントだった。つまり、自分の仕事を取り巻く環境を気に入っているホワイトカラーは2割にとどまっている。このうち、社会人経験の長さで見ると、1980年代生まれと1990年代生まれの就労環境に対する満足度は明らかに低かった。1960年代生まれのホワイトカラーのうち、「今の職場環境にまあまあ満足している」と答えた人は40%と比較的高かったが、「今の職場環境に非常に満足、またはまあまあ満足している」とした人の割合は、1980年代生まれが20.6%、1990年代生まれが18.9%にとどまった。
据报告显示,2015年白领对就业环境的满足度指数,以5分为满分,仅仅2.59分。也就是说,喜欢自己工作环境的白领只有两成。其中,从社会人经验丰富度来看,1980与1990年代生的人对就业环境的满足度明显偏低。1960年代生的白领中有40%的人认为“我对现在的职场环境还算满意”,比例相对较高。“对现在职场环境非常满意或相对满意”的人的比例分别为1980年生的占20.6%,1990年生的占18.9%。
智聯招聘の職場に関する専門家は、「年齢が高くなるにつれ、たとえば1960年代生まれのホワイトカラーは、すでに出世しているため、就労環境にも比較的恵まれていると言えよう。そのような1960年代生まれと比べ、キャリアが伸び盛りの1980年代生まれや社会人になったばかりの1990年代生まれは、彼らを取り巻く就労環境の「ランク」が低い。これが、就労環境に対する若者の満足度が低くなっているひとつの要因であろう」とコメントした。
智联招的聘职场相关专家对此评论到:“随着年龄的增长,以1960年生的白领为例,因为他们已经身居高职,在就业环境上也占有一定优势。与这些“60后”相比,正在积累经验的80后,以及刚刚步入社会的90后们的就业环境等级相对较低。其原因之一也许是年轻人对于就业环境的满足度有所下降”
点赞

发表评论

电子邮件地址不会被公开。